2019年度第5回新たな知と方法を生む土日集中セミナー「アクティビティが生まれる公共空間の創り方~公民連携が拓く新たな価値~」

新たな知と方法を生む土日集中セミナー 募集中

2019年04月14日

スクショHP・FB掲載用(TOP).png「アクティビティが生まれる公共空間の創り方~公民連携が拓く新たな価値~」

開催日  2019年7月27日(土)~7月28日(日)     
会場   一般財団法人地域活性化センター 大会議室 (東京都中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル13階)
定員   25名(定員に達しましたら締め切らせていただきます)
対象  ・公共空間の利活用を通じて、地域のにぎわい等の新たな価値創造を目指す自治体職員及びまちづくり団体関係者
    ・公共空間の維持・管理について、資金確保や管理手法等の新たな方法を模索している国・自治体職員
    ・地域の中の空きスペースとなっている公共空間を活用し、地域に新たな活動をつくりたいと考えている方など     


セミナー内容

 今、まちにアクティビティを生み出す仕組みとして、道路や河川敷、公園といったどこにでもある公共空間の活用に注目が集まっています。しかし、公共空間は公の場所であるがゆえに、管理的視点から禁止事項が多く、創造的な利用ができない "誰のものでもない閉鎖的な"空間となっている事例も多くあります。当セミナーでは、アイデアや資金を持つ民間と連携し、どのまちにも存在する遊休公有財産が新たな価値の生まれる場となる可能性について学んでいきます。

講演者紹介 

法政大学現代福祉学部福祉コミュニティ学科 教授 保井 美樹 氏

MIKI YASUI PHOTO.png

早稲田大学政治経済学部卒業。ニューヨーク大学大学院都市計修士課程修了後、東京大学で博士号取得(工学)。東京大学特任教授、NY行政研究所客員研究員、世界銀行等を経て、2012年より現職。エリアマネジメント、官民連携まちづくりを専門とし、研究の傍ら各地で実践の支援を行う。著書に『ポスト2020の都市づくり』(共著・2017)、『学びあいの場が育てる地域創生〜産官学民の協働実践』(共著・2017)等

LIFULL HOME’S 総研 所長 島原 万丈 氏

島原 万丈-2.jpg

1989年株式会社リクルート入社。2013年3月リクルートを退社、同年7月株式会社ネクストでHOME’S総研所長に就任。他に国交省「中古住宅・リフォームトータルプラン」検討委員など。「本当に住んで幸せな街~全国『官能都市』ランキング~」の著者。まちを「機能性」ではなく、暮らす人々の「五感」で計るという新しい物差しを提案している。

有限会社ハートビートプラン 代表取締役 泉 英明 氏

顔写真_泉(修正後).jpg

高松、下関、大阪なんば、豊田、岡崎のまちなか再生や公共空間のプレイスメイキング、工業地域の住工共生まちづくり、着地型観光事業「OSAKA 旅めがね」、水辺空間のリノベーション「北浜テラス」、「水都大阪」事業推進、「長門湯本温泉」の温泉地再生、市営住宅エリアの再生「大東市北条プロジェクト」などに関わる。まちづくりの「まち医者」としての関わりを目指す。著書に『都市を変える水辺アクション』(共編著、学芸出版社)、『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』((共著、日経BP社)。

豊田市都市整備部 部長 栗本 光太郎 氏

豊田市栗本プロフィール写真(カンヌレッドカーペット歩行前).jpg

1985年豊田市役所入庁。都市計画課長、経営戦略担当副参事等を経て、2019年4月から都市整備部長を務める。入庁以来、昔ながらの土木屋であったが、2014年にヤン・ゲール氏の講演を聞きプレイスメイキングに目覚め、翌年、ストロイエに佇みたくなりコペンハーゲンへ行き、ゲールアーキテクトに潜入。プレイスメイキングこそが、土木屋に求められていることだと庁内外で奮闘している。あそべるとよたプロジェクトでは、ペデストリアンデッキの一部を道路区域から除外して盆踊り大会を催すなど、公費負担一切なしの民間手弁当方式で公共空間からまちなかにワクワク感を生み出す取組みをしている。

沼津市都市計画部緑地公園課 課長補佐 青木 栄一 氏

青木様.JPG

2017年3月に廃止した少年自然の家を、公民連携手法により民間自立型の事業に転換した、泊まれる公園「INN THE PARK」。現代的なリノベーションを行い、新しいタイプの複合宿泊施設として2017年10月にオープン。地域内外の多くの人に利用され、賑わいを見せている。

スケジュール(予定)

※内容が変更となる場合もあります。変更があった際は、このページ等でお知らせいたします。

1日目(7月27日)

12:30~13:00 受付
13:00~13:10 開講式
13:10~14:00

講義Ⅰ 講師:保井 美樹 氏

14:05~15:05

講義Ⅱ 講師:島原 万丈 氏 

15:20~16:05

講義Ⅲ 講師:栗本 光太郎 氏

16:10~16:55

講義Ⅳ 講師:泉 英明 氏

17:10~18:10

パネルディスカッション 

ファシリテーター:保井氏、パネリスト:島原氏、栗本氏、泉氏

18:10~18:20

1日目のまとめ

19:00~21:00

交流会(会費制)

2日目(7月28日)

09:00~09:10

1日目の振り返り

09:10~09:40

講義Ⅴ 講師:青木 栄一 氏

09:55~10:25

講義Ⅵ 講師:保井 美樹 氏

10:25~11:45

グループワーク

11:45~11:50

2日目のまとめ

11:50~12:00

閉講式

参加にあたって

 このセミナーは、地域活性化センターの賛助会員に対するサービスの一つとして実施しています。参加にあたっては賛助会費をお支払いください。なお、賛助会費にはA会員、B会員、C会員、S会員の種別があり、それぞれサービス内容が異なります。

個人賛助会員について

A会員 90,000円

各セミナー6回参加無料

※追加参加の場合は、1回あたり15,000円をご負担ください。

B会員 60,000円

各セミナー3回参加無料

※追加参加の場合は、1回あたり15,000円をご負担ください。

C会員 25,000円

各セミナー1回参加無料

※追加参加の場合は、1回あたり25,000円をご負担ください。

S会員(学生) 10,000円

各セミナー1回参加無料

※追加参加の場合は、1回あたり10,000円をご負担ください。

詳細はこちらをご覧ください。

申込みについて

①参加申込フォームへの入力、またはチラシ裏面記載受講申込書に記入し、

E-mail:creative@jcrd.jpまたはFAX(03-5202-0755)にてお申込みください。

また、連絡なしの不参加や当日キャンセル等の場合は返金できかねますので、ご注意願います。

下記、チラシをご参照ください。

第5回土日集中セミナーチラシ.pdf

2019年度第5回土日集中セミナー 申込フォーム

性別必須

各セミナー参加時の年齢をご記入ください。

入力例:123-4567

お住まいの都道府県をご記入ください。

お勤め先の名称(会社名等)をご記入ください。

お勤め先の所属(課名など)をご記入ください。

お勤め先の役職をご記入ください。

連絡先電話番号を記入ください。
ハイフン「‐」は不要です。
例)111‐2222‐3333の場合、11122223333

※入力されたアドレスへは、当センターからの事務連絡のほか、各事業のご案内等に利用させていただく場合があります。

連絡先メールアドレスをご記入ください。


請求書必須

請求書の要否を選択してください。

交流会の出欠

交流会の出欠を選択してください。
会費として3,000円程度ご負担いただきます。

このセミナーをどこで知りましたか?

連絡先

クリエイティブ事業室
TEL:03-5202-6134  FAX:03-5202-0755  E-mail:creative@jcrd.jp