令和3年度【スタンダード型】新たな知と方法を生む地方創生セミナー MaaSで変わる公共交通~共創でつくる地域の未来~

新たな知と方法を生む地方創生セミナー 募集中

2021年08月04日

HP用.jpg

MaaSとはどんなサービスか、先進事例や国の支援策を学び、自分の地域での導入に向けて考えます!

開催日時

10月29日(金)13:00~18:00 (18:10~19:00 オンライン交流会開催予定)

会  場

○地域活性化センター大会議室

(東京都中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザ13階)

○オンライン(Zoom指定ミーティングルーム)

※受講生のみに、受講用ZoomURL等を当日までにお知らせします。

※インターネット環境の確保が難しい方は、別途ご相談ください。

対  象

・これからMaaS関連事業を進めたい地方都市や過疎地域の自治体

交通に関する地域課題を解決したい地域づくり団体や自治体

・MaaS事業に関心のある方

セミナー内容 

MaaS(マース:Mobility as a Service)とは、地域住民や旅行者一人一人のトリップ単位での移動ニーズに対応して、複数の公共交通やそれ以外の移動サービスを最適に組み合わせて検索・予約・決済等を一括で行うサービスであり、観光や医療等の目的地における交通以外のサービス等との連携により、移動の利便性向上や地域の課題解決にも資する重要な手段となるものです。(国土交通省HPより)

経済産業省と国土交通省では、新たなモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決と地域活性化を目指し、地域と企業の協働による意欲的な挑戦を促す「スマートモビリティチャレンジ」を令和元年度から展開して、全国各地のMaaS等新たなモビリティサービスの実証実験を支援し、地域の交通サービスの課題解決に向けたモデル構築を行っています。

これを受け、国の事業「地域新MaaS創出推進事業(経済産業省)」や「日本版MaaS推進・支援事業(国土交通省)」、およびトヨタ自動車とソフトバンクの共同出資会社 MONET Technologiesとの連携に取り組む自治体があるなど、今後ますますMaaSを導入する機運は高まっていくと思われます。

本セミナーでは、鉄道やバス路線の廃止、高齢化によるマイカー所有率の減少等により移動手段の確保に悩む自治体を対象とし、先進事例や官民連携の取組みから幅広く知識を得るほか、国による財政面やノウハウ面での支援策を学ぶことで、自分の地域への導入に向けた学びの機会とします。

講師紹介 

【講義Ⅰ】 経済産業省 製造産業局自動車課  ITS・自動走行推進室 室長 福永 茂和 氏

(HP用)福永室長顔写真.jpg

 2002年に経済産業省に入省。東京大学大学院新領域創成科学研究科修士課程修了。入省後、エネルギー、国際標準化、クールジャパンなどの政策に携わり、米国留学、在中国日本国大使館参事官などを経て、2021年7月より現職。また、内閣府 科学技術・イノベーション推進事務局 SIP 自動運転サブリーダーも務める。

【講義Ⅱ】 長野県伊那市 企画政策課 新産業技術推進係長 安江 輝 氏

(HP用)安江氏顔写真.jpg

 1997年、伊那xDSL利用実験協議会代表幹事の一人として、日本初のADSL等技術よるブロードバンドインターネット網を構築。その後も、移動診療車とオンライン診療による医療MaaS実証企画の運営や、情報共有クラウドによる医療・薬局・介護・福祉等の地域包括ケアシステムの構築に取り組む。地域情報化アドバイザーとしても活躍。

【講義Ⅲ】 福井県永平寺町 総合政策課 主事 中屋 貴大  氏

(HP用)中屋氏.png

 2011年、永平寺町入庁。商工観光課へ配属され、その後建設課へ異動。2017年から県庁へ出向し、路線バスやコミュニティバスを担当。2019年に当庁総務課へ戻り、自家用有償旅客運送によるデマンド型乗合タクシー「近助タクシー」の立ち上げを行う。自動運転などの取組みも含め移動交通による地域の課題解決を目指す。

【講義Ⅳ】 MONET Technologies株式会社 事業推進部長 上村 実 氏

(HP用)上村氏.png

 WILLCOM(旧DDIポケット)を経て、2011年にソフトバンク株式会社に合流。法人・コンシューマー部門、新規事業の立上げ、企画推進を歴任した後、公共事業部門の責任者を経て、2019年2月よりMONET Technologies株式会社 事業推進部長に着任。

スケジュール(予定)

※内容が変更となる場合もあります。変更があった際は、このページ等でお知らせいたします。

10月29日(金)

13:00~13:15

開講式・アイスブレイク

13:15~14:05

講義Ⅰ 経済産業省(質疑応答を含む)

14:05~14:40

講義Ⅱ 自治体事例①(質疑応答を含む)

14:40~15:20

講義Ⅲ 自治体事例②(質疑応答を含む)

15:20~16:10

講義Ⅳ 民間事業者事例 (質疑応答を含む)

16:10~17:50

グループワーク・発表・講評

17:50~18:00

閉講式

18:10~19:00

オンライン交流会


参加にあたって

 このセミナーは、地域活性化センターの賛助会員に対するサービスの一つとして実施しています。参加にあたっては賛助会費をお支払いください。なお、賛助会費にはA会員、B会員、C会員、D会員、S会員の種別があり、それぞれサービス内容が異なります。

個人賛助会員について

A会員 90,000円

各セミナー6回参加無料

※追加受講の場合は、追加で費用が必要となります。

B会員 60,000円

各セミナー3回参加無料

※追加受講の場合は、追加で費用が必要となります。

C会員 25,000円

各セミナー1回参加無料(アドバンス型への参加)

D会員 15,000円

各セミナー1回参加無料(スタンダード型への参加)

S会員(学生) 5,000円

各セミナー1回参加無料

※詳細はこちらをご覧ください。

申込みについて

・参加申込フォームへの入力、またはチラシ裏面記載受講申込書に記入し、E-mail:creative@jcrd.jpまたはFAX(03-5202-0755)にてお申込みください。

・連絡なしの欠席及び開催日3営業日前から当日の欠席連絡の場合、申込代金の返金はできかねます。

※ご連絡があれば、同年度内開催のセミナーへ振替が可能です。

チラシもご覧ください!

チラシ表面.jpg

チラシ裏面.jpg

令和3年度【スタンダード型】地方創生セミナー(MaaS)

性別

年代必須

入力例:123-4567

お住まいの都道府県を入力してください。

お勤め先の名称(会社名等)を記入してください。

お勤め先の所属(課名など)をご記入ください。

お勤め先の役職をご記入ください。

連絡先電話番号を記入ください。
ハイフン「‐」は不要です。
例)111‐2222‐3333の場合、11122223333

※入力されたアドレスへは、当センターからの事務連絡のほか、各事業のご案内等に利用させていただく場合があります。

連絡先メールアドレスを入力してください。


当日の参加方法について必須

交流会について(会場参加の場合は別途費用がかかります)必須

請求書必須

請求書の要否を選択してください。

このセミナーをどこで知りましたか?

プライバシーポリシー新しいウィンドウが開きます必須

連絡先

クリエイティブ事業室
TEL:03-5202-6134  FAX:03-5202-0755  E-mail:creative@jcrd.jp