令和4年度【アドバンス型】新たな知と方法を生む地方創生セミナー  地域コミュニティと行政の関わり方

セミナー・研修 募集中

2022年09月14日

地域コミュニティと行政の関わり方

開催日時

 令和5年1月26日(木)12:50~17:30(予定)

※1日目の終了後、17時30分より交流会を開催します。※希望者のみ

 令和5年1月27日(金)9:00~12:00(予定)

※2日目の終了後、多摩市に移動して見学を行います。※希望者のみ

会  場

一般財団法人地域活性化センター 大会議室 (東京都中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル13階

定  員(先着順)

現地:20名

対  象

・地域活性化、地域づくりに興味のある方

・地域コミュニティとの協働に関心がある自治体

・自治体と地域コミュニティとのつながりに興味のある企業、団体の方

セミナー内容

 超高齢化、人口減少、住民ニーズの多様化といった急激な社会情勢の変化によって、行政が取り組むべき課題は年々増加し続けています。このような状況において行政は、地域課題解決のため独自に活動している地域コミュニティと積極的に関わっていくことが重要です。

 この関わりによって、行政は地域課題のリアルな声を政策に取り入れることができるほか、地域コミュニティにとっても、地域づくりの主体として活動することでシビックプライドの醸成が期待できる等、双方にとってのメリットがあります。

 一方で、地域コミュニティと行政の関わり方は、その地域ごとの特性を加味して検討する必要があるため画一的に対応ができない難しさもあります。本セミナーでは、事例(中間支援組織を活用した地域コミュニティの活性化等)をもとに、協働の考え方・取り組み方について、講義、グループワーク等を通じて学ぶことができます。

講師紹介

【講義Ⅰ】東京都立大学 法学部教授 大杉 覚 氏 

大杉先生写真①新.png

東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(博士(学術))。専門分野は、行政学、地方自治論。東京都立大学法学部助教授を経て、平成17年から現職。(一財)地域活性化センター地域リーダー養成塾主任講師、総務省地域づくり人材の養成に関する研究会座長などをはじめ、国・自治体の審議会等委員を歴任。自治体行政や地域づくり人材育成の研究が専門。著書に、『コミュニティ自治の未来図』『これからの地方自治の教科書 改訂版』など。

専門は、行政学、地方自治論。

【事例紹介Ⅰ】多摩市企画政策部企画課 企画調整担当主査 西村 信哉 氏

西村氏

1983年生まれ。2014年に多摩市に入庁し、2020年4月より現職。自治基本条例、市民自治の推進、若者のまちづくり等を担当し、市民参加の「まちづくり」の企画運営に従事。 著:自治実務セミナー(2020年2月号、第一法規)寄稿「多摩市若者会議~まちの魅力づくりの提案と挑戦~」

【 事例紹介Ⅱ】一般社団法人コミュニティネットワーク協会 渥美 京子 氏   

渥美 京子氏

静岡県生まれ。大学卒業後、メーカー、出版社勤務を経てノンフィクションライターとして活動。 2018年から現職。東日本大震災後、福島支援をする中で、「住まい・仕事・コミュニティ」の必要を痛感し、コミュニティの拠点づくりに参画。近居している20代の息子夫婦に子どもが誕生し、4世代が自分らしく暮らせる地域づくりに関心。主著に「甦れ穀物の精。パンを耕した男」(コモンズ刊)。

スケジュール(予定)

※内容が変更となる場合もあります。変更があった際は、このページ等でお知らせいたします。

1月26日(木)

12:50~

開講式

13:00~

講義Ⅰ(東京都立大学 法学部 教授 大杉 覚 氏)

14:40~

事例紹介①(多摩市企画政策部企画課 企画調整担当主査 西村 信哉 氏)

15:50~

事例紹介②(一般社団法人コミュニティネットワーク協会 渥美 京子 氏

16:20~

質疑応答

16:40~

ワークⅠ

17:30~

交流会※希望者のみ

1月27日(金)

9:00~

 ワークⅡ

11:00~

 発表                                           

11:30~

 講評

11:50~

 記念撮影・閉講式

12:00~

 多摩市に移動し見学※希望者のみ

参加にあたって

このセミナーは、地域活性化センターの賛助会員に対するサービスの一つとして実施しています。受講にあたっては賛助会費をお支払いください。賛助会員には種別があり、それぞれサービス内容が異なります。なお、令和4年度からサブスクリプション型人材育成を新設しています。

・現地参加:25,000円

詳細は下記をこちらをご覧ください。

賛助会員区分・会費一覧(R4.4.1)

サブスクリプション型人材育成について

セミナー欠席等による個人賛助会費の取扱いについて(R4.2.1).pdf

交流会について

・1日目のセミナー終了後(17:30~)、希望者による交流会を予定しています。お気軽にご参加ください。
(参加の方については、軽食を用意するため、別途、交流会費を当日徴収します。)

・新型コロナウイルス感染症の流行状況により、変更・中止となる場合があります。

申込について

・参加申込フォームへの入力、またはチラシ裏面記載受講申込書に記入し、e-mail:seminar@jcrd.jpまたはFAX(03-5202-0755)にてお申込みください。

・連絡なしの欠席及び開催日3営業日前から当日の欠席連絡の場合、申込代金の返金はできかねます。

※ご連絡があれば、同年度内開催のセミナーへ振替が可能です。

令和4年度【アドバンス型】地方創生セミナー(地域コミュニティと行政の関わり方)

入力例:123-4567

お住まいの都道府県を記入してください。

お勤め先の名称(会社名等)を記入してください。

お勤め先の所属(課名等)を記入してください。

役職を記入してください。

入力例:0312345678(ハイフンは不要です)

※入力されたアドレスへは、当センターからの事務連絡のほか、各事業のご案内等に利用させていただく場合があります。

連絡先メールアドレスを記入してください。


参加区分について

該当するものがあれば下記から選んでください(複数回答可)

交流会(1/26)必須

多摩市における見学会(1/27)必須

請求書必須

領収書必須

このセミナーをどこで知りましたか。

プライバシーポリシー新しいウィンドウが開きます必須

連絡先

セミナー統括課
TEL:03-5202-6134  FAX:03-5202-0755  E-mail:seminar@jcrd.jp