令和3年度地方創生カレッジ in 高浜町『関係人口が紡ぐ新しい地域づくり』

助成・支援 募集終了

2021年11月05日

「地方創生カレッジ」事業

 「地方創生カレッジ」事業は、地方創生の本格的な事業展開に必要な人材を育成・確保するため、実践的な知識をeラーニング講座で提供するほか、必要に応じて実地研修も効果的に取り入れることで知識やスキルを習得できるようにする取組です。

 本事業は、平成27年12月に公表しました、国が行う支援の方向性を示す「地方創生人材プラン」に基づき、公益財団法人日本生産性本部を補助事業者として採択し、実施しています。

地方創生カレッジ in 高浜町『関係人口が紡ぐ新しい地域づくり』

 地方創生カレッジin高浜町は、eラーニング講座No.183「「働き方」の変容とリモートワークの可能性~地方と都市をつなぐワークスタイル変革~」の内容を実際の活動に活かし、「関係人口が紡ぐ新しい地域づくり」を図ることを目的とした内容となっています。

リモートワーカーなどの新たな働き手などによって期待される交流人口や関係人口の視点を踏まえながら、地域のデザイン(滞在し続けたいと思える魅力ある地域を目指すための環境整備や交流の機会)を考えましょう!

開催日

令和4年2月10日(木)、11日(金・祝)

会 場

高浜公民館、オンライン(zoom使用)

定 員

60名(現地30名、オンライン30名)

持ち物

ノートPC

※グループワーク時に使用します。

※お持ちでない方は、お申込み時にお知らせください。

参加費

無料

講師紹介

箕浦 龍一氏(公務部門ワークスタイル改革研究会 研究主幹)

宣材写真_箕浦講師.jpg

平成3年国家公務員任官。沖縄開発庁、福井県警察本部、総務庁人事局、内閣官房行政改革推進本部、総務大臣秘書官、行政管理局企画調整課長等を経て、総務省大臣官房サイバーセキュリティ情報化審議官を最後に令和3年7月退職。総務省時代に取り組んだオフィス改革を中心とする働き方改革の実績により人事院総裁賞を受賞。日本行政学会では「機動力の高いナポレオン型管理職」として紹介される。現在は、(一社)官民共創未来コンソーシアム理事、(一社)日本ワーケーション協会特別顧問、(一財)地域活性化センターシニアフェローなどを務める

田中 敦氏(山梨大学生命環境学域社会科学系長 教授)

宣材写真_田中講師.jpg

横浜国立大学卒業後、JTBに入社し、教育旅行・在外拠点(ニューヨーク・ロンドン)・MICEなどの業務を経験。平成12年に本人出資型社内ベンチャーとしてJTBベネフィットを起業し、取締役に就任。その後、本社、JTB総合研究所などで事業開発・観光地経営・観光人材育成などに従事。平成28年、山梨大学地域社会学科観光政策科学特別コース新設を機に現職。日本国際観光学会ワーケーション研究部会部会長、観光庁「新たな旅のスタイル検討員会」委員も務める。

浅野 容子氏(高浜町まちなか交流館運営)

宣材写真_浅野講師.jpeg

福井県高浜町出身。ドイツ歴17年。大学卒業と同時にドイツに渡り、パナソニック、グッチ、ソニーに勤務。平成28年にスイスの大学にてMBAを取得後、独系IT企業に就職。その後、リモートワーカーとして地元にUターンし、リモートワークという働き方を提唱しながら高浜町の「まちづくり」「ひとづくり」活動に力を入れている。元々は2年限定の帰国だったが、生活の場としてだけではなく、働く場としての高浜町の魅力に気づき、滞在を延長し現在に至る。交流館運営のほか、福井ワーケーション協会代表、日本ワーケーション協会公認コンシェルジュも務める。

野村 労氏(高浜町総合政策課)

野村つとむphoto.JPG

東京生まれ、埼玉育ち。平成11年より地方の建設コンサルタント。平成19年よりフリーランス。平成25年より福井県高浜町役場(行政マン)へ入庁。観光振興、中心市街地活性化、NPO・農業生産法人設立、コミュニティづくり、6次産業化支援など、住民参加のまちづくり・事業起こしを、地方の現場で携わる。soil(土)、soul(心)、society(地域)を大切に、空間のチカラを信じ、風土と対話するようにデザインするランドスケープデザイナーを目指している。

スケジュール(予定)

内容が変更となる場合もあります。変更があった際は、こちらのページ等でお知らせします。

【1日目】

13:00 受付開始

13:30 開講挨拶(一般財団法人地域活性化センター理事長 椎川 忍)

13:40 講義(箕浦 龍一氏)

14:45 アイスブレイク

15:00 講義Ⅱ(田中氏、浅野氏、野村氏)

16:50 クロストーク(箕浦氏、田中氏、浅野氏、野村氏ほか)

17:35 1日目終了予定

【2日目】

8:30 受付開始

9:05 1日目振り返り(箕浦 龍一氏)

9:20 フィールドワーク・グループワーク

    「新たな働き方における暮らし方と関係性(仮)」

    ※複数のフィールドワーク先にて、リアルとオンラインを併用したハイブリッド型で実施予定

12:00 昼食

13:00 発表

14:20 トークセッション(箕浦氏、田中氏、浅野氏、野村氏

14:50 記念撮影・閉講式

15:00 終了予定

参加にあたって(事前学習について)

スクーリ ングには下記eラーニング講座を受講してからご参加ください。

また、今回のスクーリングは「関係人口が紡ぐ新しい地域づくり」に焦点を当てた内容となっています。 

スクーリング対象講座

〇地方創生カレッジ講座No.169

「デジタルが社会・経済・産業・地方を変える」(講師:森川 博之氏

〇地方創生カレッジ講座No.183

「「働き方」の変容とリモートワークの可能性~地方と都市をつなぐワークスタイル改革~」(講師:箕浦 龍一氏

地方創生カレッジの受講方法

インターネットに接続できる環境にあれば、パソコンだけでなくタブレットやスマートフォンでも学習が可能です。

https://chihousousei-college.jp/howtolearn.html

※動画のダウンロードはできません。

お申込みについて

令和4年1月31日(月)までに、お申込みください。

※連絡なしの不参加や当日キャンセル等は、ご遠慮ください。

①下記参加申込フォーム

②E-mail creative@jcrd.jp

③FAX 03-5202-0755

※チラシ裏面記載受講申込書にご記入ください。

※応募者多数の場合は、抽選対応とさせていただきますのでご了承ください。

チラシもご覧ください!

R3スクーリングチラシ表.jpg

R3スクーリングチラシ裏_1201修正.jpg

令和3年度地方創生カレッジ in高浜町 スクーリング『関係人口が紡ぐ新しい地域づくり』申込フォーム
1月31日をもって、申込み受付を終了しました。

連絡先

企画グループ
TEL:03-5202-6134  FAX:03-5202-0755  E-mail:creative@jcrd.jp