地域活性化センター事業紹介映像を制作しました

YouTube内の地域づくりTVで公開しています

地域おこし協力隊 日本を元気にする60人の挑戦

絶賛予約受付中!

Web会員専用サイトを開設しました

詳細は画像をクリックしてください

地域活性化センターfacebookページ

「地域づくりの現場なう!by地域活性化センター」

月刊「地域づくり」最新号

4月号「日本一・世界一でまちづくり」

自治体アンテナショップ支援事業

自治体アンテナショップ情報

 

平成29年度第1回地方創生実践塾 in京都(宇治田原町、精華町、和束町、南山城村)

 

  

   地域資源活用と教育機関連携による地方創生

 

~ お茶の京都×学研都市×地域大学 ~

 

 wazuka

 

今回は、京都南部を広域とした宇治田原町、精華町、和束町、南山城村を舞台に地域資源の活用・大学との連携を中心に、講義とフィールドワークで学びます。

 

北川正恭先生による地域と大学の連携についてのご講演!

★日本で2つしか存在な「学研都市」の魅力に迫る!

★京都を代表する「宇治茶」。生産現場「茶源郷」をフィールドワーク!

「茶摘み」・「茶香服」 (ちゃかぶき。茶銘柄を当てる伝統文化)を体験できます!

 

 

◎実践塾スケジュール予定

 

 ○=講義など ●=フィールドワーク 

5月26日(金) 「学研都市と大学連携」(精華町)

○木村 要(精華町長)ご挨拶

○「精華町の地域創生~学研都市から萌えキャラまで~(仮)」

 西川 和裕(精華町企画調整課長補佐)

●「精華町立図書館の見学」

●「国立国会図書館関西館の見学」

○「地域資源活用と教育機関連携による地方創生(仮)」

 北川 正恭(元三重県知事/早稲田大学名誉教授)

※交流会(けいはんなプラザホテル)

 

5月27日(土) 「お茶の京都と大学連携」(南山城村・和束町・宇治田原町)

○手仲 圓容(南山城村長)ご挨拶

○「道の駅を拠点とした南山城村のむらづくり」

 森本 健次(株式会社南山城代表取締役)

●「南山城村道の駅の見学」

 森本 健次

○「豊かな自然と生業に支えられた茶源郷和束町の紹介による講義」

 堀 忠雄(和束町長)

●「茶源郷の見学」

○西谷 信夫(宇治田原町長)ご挨拶

○「茶摘み・茶香服の体験」

 谷口 郁男(21お茶のふるさと塾塾長)

○「お茶の京都構想」

 小川 嘉幸(京都府企画理事付理事)

 

5月28日(日) 「地学連携と地域創生」(精華町)

●「京都府立大学精華キャンパスの農場見学」

 伊達 修一(京都府立大学大学院生命環境科学研究科講師)

○「大学と地域との連携・協働と地域創生」 

 杉岡 秀紀(福知山公立大学准教授/京都府立大学特任准教授)

○「チャ遺伝資源の評価と地方への活用の取り組み」

 久保 中央(京都府立大学大学院生命環境科学研究科准教授)

○「洛いもの地域特産品化への取り組み」

 伊達 修一

○「ふりかえりワークショップ」

 青山 公三(京都府立大学京都政策研究センター長)

 

 

◎講師紹介

 

kitagawa masayasu 

特別講師 北川正恭 氏

 

元三重県知事。早稲田大学名誉教授。早稲田大学マニフェスト研究所 顧問。

1944年生まれ。1967年早稲田大学第一商学部卒業。1972年三重県議会議員当選(3期連続)、1983年衆議院議員当選(4期連続)。1995年、三重県知事当選(2期連続)。「生活者起点」を掲げ、ゼロベースで事業を評価し、改革を進める「事業評価システム」や情報公開を積極的に進め、地方分権の旗手として活動。達成目標、手段、財源を住民に約束する「マニフェスト」を提言。2期務め、2003年4月に退任。2003年4月より早稲田大学政治経済学術院教授。2015年3月に退任。現在、早稲田大学名誉教授、早稲田大学マニフェスト研究所顧問。「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)共同代表。2009年地域主権戦略会議構成員。2011年より相馬市復興会議顧問。2013年より長野県政策研究所チーフアドバイザー、新潟州構想検討推進会議顧問。

 

 

杉岡秀紀

主任講師 杉岡 秀紀 氏

福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。
専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづくり論、NPO論、大学評価論。

西川写真

西川 和裕 氏

精華町役場 総務部 企画調整課 課長補佐(企画係長事務取扱)。

1995年に入庁後、税務課、財政課を経た後、広報担当をしていた2013年度に、町公式の広報キャラクター「京町セイカ」を企画し発表。現在は、企画担当として「シティプロモーション」の観点からの地方創生を模索中 

森本写真  森本 健次 氏

株式会社南山城代表取締役 。

1985年南山城村入職。相楽東部じんかい処理組合出向、魅力ある村づくりプロジェクトリーダー、道の駅運営準備室、むらづくり推進課長等を経て、退職。2015年から現職。その他、東京財団週末学校OBOGチューター、龍谷大学みらいゼミチューターなども務める。

 

谷口写真

 谷口 郁男 氏

宇治茶師かねまた5代目。

「日本緑茶発祥の地」宇治田原で江戸末期より製茶販売業を営む。お茶農家との交わりの中で飲む人の心を和ませる豊かなお茶作りを心がけている。産地直送のほか、当主自ら「チャムリエ(お茶のソムリエ)」として宇治茶学講座や茶歌舞伎会を開催。祇園祭太子山の茶頭役もつとめる。

青山公三

 青山 公三 氏

京都府立大学京都政策研究センター長。龍谷大学政策学研究科教授。一般社団法人地域問題研究所理事長。

研究テーマは、広域都市圏環境ガバナンス、都市政策、地域環境政策、市民参加、危機管理。

 

 

 

◎会場案内(一日目の受付・会場)

seikacyou tosyokanseikacyou chizu 

★集合

5月26日(金) 午後12時45分より開講式

「精華町立図書館」〒619-0243 京都府相楽郡精華町大字南稲八妻小字北尻70

   

 

◎交流会等について

1日目(5月26日)に精華町「けいはんなプラザホテル」にて2時間程度、夕食兼交流会を開催します。

会費4,500円程度を予定しております。

 

◎受講要件について

実践塾の受講は、地域活性化センターの個人賛助会員に対するサービスの一環です(他に機関紙配布、メルマガ配信等のサービスがあります)。このため受講を希望する場合は、賛助会員になって頂く必要があります。

賛助会費は地方創生実践塾地方版L会員10,000円です

なお、開催地までの往復交通費・宿泊費・飲食代等は別途ご負担となります

また、宿泊施設については申込者の方に後日ご案内申し上げます。

 

◎賛助会員について

賛助会員にはA会員、B会員、C会員、L会員、S会員の種別があり、それぞれサービス内容が異なります。

詳細はこちらをご覧ください。⇒ 【賛助会員】

 

◎申込方法

①参加申込フォームへの入力、または②参加申込書に記入しE-mail:chiiki@jcrd.jpまたはFAX(03-5202-0755)にてお申込みください。

・平成29年度地方創生実践塾in京都(宇治田原町、精華町、和束町、南山城村)参加申込フォーム

⇒ 参加申込フォーム

 

※下記、チラシをご参照ください。

 チラシ(PDF:567KB)

 

 

連絡先 振興部 地域支援総務課 TEL:03-5202-6136 E-mail:chiiki@jcrd.jp【「@」は半角に置き換えてください】