第22回 ふるさとイベント大賞 募集します!!

                 

★地域に活力を生み出すイベントを表彰します‼★

 

「ふるさとイベント大賞」とは、全国各地で数多く開催されている地域の活力を生み出すイベントを表彰し、全国へ向けて紹介することにより、ふるさとイベントの更なる発展を応援するもので、大賞のほか、最優秀賞などの各賞が有識者による選考委員会で選出されます。(大賞は「内閣総理大臣賞」として首相官邸で表彰されました。)


 

 

◎第21回ふるさとイベント大賞表彰式(平成29年3月東京国際フォーラム)
 表彰式 (1)
 

 【第21回ふるさとイベント大賞 受賞各賞】

                   ★「大賞」(内閣総理大臣賞)受賞イベント                                        

         「福岡町つくりもんまつり」(富山県高岡市)              

          【メイン】福岡町メイン写真                   

          秋の収穫を祝い、五穀豊穣に感謝する三百余年の伝統を持つ奇祭。収穫した         

   野菜や果物、草花などを材料に時節の話題、風物、人物等の「つくりもん」が街を彩ります。

     

★「最優秀賞」(総務大臣表彰)受賞イベント 

    「お旅まつり 曳山八基曳揃え」(石川県小松市) 

   【メイン】小松市メイン 八基曳揃え2 9708                                 

   きらびやかな宝飾で彩られた自慢の曳山を舞台に、2つの町が子供歌舞伎を上演。

   ライトアップされた8基の曳山が勢揃いする「曳山八基曳揃え」と子供たちの熱演は感動を誘います。

 

◇優秀賞

「阿寒湖まりも夏希灯」(北海道釧路市)

「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」(長野県阿智村)

「糸田祇園山笠」(福岡県糸田町)

◇ふるさとキラリ賞

「柳橋歌舞伎定期公演」(福島県郡山市)

「日和佐八幡神社秋祭り」(徳島県美波町)

◇選考委員特別賞

「加須市民平和際~ジャンボこいのぼり遊泳~」(埼玉県加須市)


 

※第20回ふるさとイベント大賞各賞受賞イベントの効果

 ・H28年度平均来場者数8.6%増(対前年度比)

 ・受賞イベントはテレビ、新聞等多数取り上げられました!!

 

★受賞団体の感想から★

マスコミに多く取り上げられ、認知度、モチベーションが向上した。

●全国表彰により、スタッフがこれまで以上に熱心に運営に携わり、郷土意識の高揚が図れた。


「第22回ふるさとイベント大賞」概要 

対象となるイベント

  平成28年7月1日から平成29年6月30日までに市区町村(広域を含む)で開催されるイベント。

  ※ただし、次のいずれかに該当するイベントは対象外とします。

  • 直近の5回(第17回~第21回)に各賞を受賞したイベント  
  • 継続性がなく1回の開催のみで終了するイベント

選考過程

  応募されたイベントについては、イベントプロデューサーや学識経験者等により構成される「第22回ふるさとイベント大賞選考委員会」において、厳正な審査を行い、各賞を決定します。

第22回ふるさとイベント大賞選考委員 

   ● 選考委員長

    北川 フラム  アートディレクター

  ● 選考委員

    内原 智史   ライティングデザイナー

    楓   千里   (株)JTBパブリッシング 取締役

    角田 光代   作家

    吉本 光宏   (株)ニッセイ基礎研究所  研究理事

    佐藤 高彰   NHK制作局長

    古尾谷光男   全国知事会事務総長

    池田 憲治   総務省大臣官房地域力創造審議官

    椎川  忍     一般財団法人地域活性化センター理事長 

表彰式

日時:平成30年3月1日(木)  

場所:ベルサール飯田橋ファースト(東京都文京区後楽園2-6-1)

問い合わせ先

  (一財)地域活性化センター 地域支援業務課 TEL(直通) 03-5202-6136 E-mail:eventアットマークjcrd.jp(アットマークは半角「@」に置き換えてください。)

地域活性化センターへの提出期限は9月22日(金)となりますが、各都道府県への応募方法、その他詳細につきましては、各都道府県担当課までお問い合わせください。