地域活性化センター事業紹介映像を制作しました

YouTube内の地域づくりTVで公開しています

地域おこし協力隊 日本を元気にする60人の挑戦

絶賛販売中!

Web会員専用サイトを開設しました

詳細は画像をクリックしてください

地域活性化センターfacebookページ

「地域づくりの現場なう!by地域活性化センター」

月刊「地域づくり」最新号

12月号「官民で取り組む地方創生」

自治体アンテナショップ支援事業

自治体アンテナショップ情報

 

平成29年度第9回地方創生実践塾 in愛媛県

 

  

   地域資源を活かした広域のまちづくり

~ 自転車を活用した地域振興 ~

 CYC 008

 

 

愛媛県 今治市を舞台に自転車を活用した地域づくりについて講義とフィールドワークを通して学びます。

★ サイクリストの聖地「しまなみ海道」でサイクリング体験を実施!

★ 自転車の取組みで名高い愛媛県・今治市・松野町の事例を学びます!

★ 元・地域おこし協力隊と「大三島」でのフィールドワーク!

★ 愛媛県の自転車新文化推進事業総合アドバイザー 渋井亮太郎氏、GIANT契約プロサイクリスト 門田基志氏 が登場!

 

 

◎実践塾スケジュール予定(当初と日程変更となっておりますのでお気を付け下さい)

 

 ○=講義など ●=フィールドワーク 

11月18日(土)

※集合=今治市総合福祉センター 1階会議室(12:30開講)

○「今治市の自転車取組み」

  今治市観光課

●「しまなみ海道サイクリング体験」★

●「大三島フィールドワーク」

○「愛媛県の自転車取組み」

 坂本 大蔵 氏(愛媛県自転車新文化推進室長)

※交流会(今治市内)

 

11月19日(日)

○「松野町の自転車取組み」

 井上 靖 氏(松野町教育課長)

○「仮称:座談会

 渋井 亮太郎 氏(愛媛県自転車新文化推進事業総合アドバイザー

 門田 基志 氏(GIANT契約プロサイクリスト)

 坂本 大蔵 氏愛媛県自転車新文化推進室長

※解散=今治市総合福祉センター 1階会議室(12:10予定)

 

 

★「しまなみ海道サイクリング体験」について

◆用具について

・自転車・・・サンライズ糸山のレンタサイクルをご用意します。

(自転車の種類はスポーツタイプのクロスバイクと、いわゆるママチャリタイプの軽快車からお選びください)

・ヘルメット・・・レンタサイクルの方は無料で借りられます。

・サングラス・・・眼の保護のため、かけた方が望ましいですが、なくてもかまいません。

・手袋・・・滑り止めのため、ある方が望ましいですが、なくてもかまいません。

※小雨決行となります。レインコートなど雨具や防水加工のジャケット、タオルなどをご持参ください。

◆服装について

・サイクリング(約7km:サンライズ糸山→よしうみいきいき館)ができる服装であればどのようなものでもかまいません。例えばジャージ素材などのストレッチ性のあるものが望ましいです。

・丈の長いズボンの場合、裾がチェーンに巻き込まれないような絞られたものか、裾バンドを利用してください。

・膝丈のズボンなどがあればベターです。

・靴はスニーカー等の運動靴。

 

 

 

 

 

 

◎講師紹介

 渋井

〇特別講師 渋井亮太郎 氏(愛媛県自転車新文化推進事業総合アドバイザー)

 自転車に特化した広告制作会社、株式会社エスピーエーディの代表取締役として国内のスポーツサイクル業界に20年以上関わり続ける「サイクルビジネス・プロデューサー」。現在はGIANT日本法人の広告宣伝・広報の総代として、メディア対応などの広報業務からカタログや専門メディア広告の制作、各種サイクルイベント、国内外のサイクリングツアー、自治体との協業まで、広範な業務を取り仕切る。また、日本サイクリングガイド協会理事長としてのサイクルツーリズムの根幹を担うサイクリングガイドの普及活動や、全日本実業団自転車競技連盟所属の審判員および企画広報委員としてのレース運営など、スポーツサイクル全般に渡って活動している。しまなみ海道サイクリングを世界に知らしめた2012年の「台日交流しまなみ海道サイクリング」に総合プロデューサーとして携わった経緯から愛媛県との交流が深く、2014年にアドバイザー就任。現在も国際サイクリングイベントからシニアや子供向けの自転車教室まで、愛媛県の自転車施策全般に関与している。

東京都文京区在住。19671128日生まれの本年50歳。

 

 

 

 kadota 2

〇特別講師 門田 基志 氏(GIANT契約プロサイクリスト)

 世界最大の自転車メーカー GIANT に所属する、しまなみ海道の今治市在住のプロサイクリストプロとして海外遠征経験豊富で、世界のサイクリングを知る現役選手。北海道・富山・広島・沖縄各地でサイクリングを使った観光の講演やサイクリングイベントやツアーのプロデュース。サイクリングしまなみ20142016大会アドバイザー、四国一周プロジェクトパートナーとして活躍中。サイクリングガイドとしては、日本トップクラスの海外インバウンド実績を持ち、台日交流瀬戸内しまなみ海道サイクリングの総合プロデューサーや四国一周と台湾一周のコラボ企画など新しいサイクリング企画を提案し愛媛に強い想いを持って活動している。レース活動も2013年から現在に至までJAPANナショナルチームとして世界選手権やアジア選手権にも参戦中。

 

 

 坂本室長

〇特別講師 坂本 大蔵 氏(愛媛県 企画振興部 総合政策課 自転車新文化推進室 室長)

愛媛県伊予市生まれ。55歳。愛媛大学法文学部法学科卒業。
入庁年 昭和55年(1980年)。
平成25年4月~平成27年3月 瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会実行委員会事業課長。
平成27年4月~現職。自転車歴25年。平成24年に台湾一周9 0 0 ㎞を完走するほか、石鎚山ヒルクライム大会競技委員長を務める。

 

 

 

 今治市 渡部誠也1

〇特別講師 渡部 誠也 氏(今治市産業部観光課サイクルシティ推進室長)

 1966年愛媛県今治市生まれ。1989年に今治市役所入庁。農林水産課、人事課などを歴任し、同職は現在2年目。

 

 

 重信幹広氏

〇特別講師 重信 幹広 氏(レザークラフト Jishac)

 1980年10月23日生まれ。大卒後、損害保険会社へ就職。その後ステンレスメーカーに転職。2013年4月から今治市上浦町の協力隊となる(2016年3月、3年満期で退任)。2016年4月から今治市上浦町でイノシシレザーを用いて妻と共にレザークラフトで生計を立てている。レザークラフト「Jishac(じしゃく)」を2013年4月より妻と立ち上げ、地域おこし協力隊卒業後は、Jishac の作家として、営業マンとして本格的に活動を開始。併せて、地域おこし協力隊在任中から所属している、地域の任意団体「しまなみイノシシ活用隊」で引き続き「イノシシレザー(島シシレザー)」の担当者として、素材販売活動を継続して行っている。同時進行で大三島島内になめし加工工場を新設すべく活動中。

 

 

pt yasushi 2

〇特別講師 井上 靖 氏 (松野町教育課長)

 昭和45年2月3日生まれ。愛媛県松野町出身。

愛媛県松野町で生まれ育つ。進学を機に松野町を離れ、バブル絶頂を体験。

しかし、子どもの頃、大人たちが必死に「森の国音楽祭」をはじめとして、まちづくりに必死に取り組む背中を忘れられず帰松。

平成4年、松野町役場地域振興課に奉職。以来、企画、商工観光、教育部門を渡り歩き、地域資源を活かしたハードソフト両面での観光施策や情報インフラ整備、移住促進やDMOの仕組み構築などにとりくんできた。平成29年4月から松野町教育委員会教育課長。

 

 SL84934

 

 

◎会場案内(一日目の受付・会場)

 

 11月18日(土) 午後12時30分より開講式

「今治市総合福祉センター 1階会議室」〒619-0243 愛媛県今治市南宝来町1-9-8

   

 

◎交流会について

1日目(11月18日)に今治市内にて2時間程度、夕食兼交流会を開催します。

会費4,500円を予定しております(会場は「頼登」を予定)。

 

◎宿泊について

各自でのご手配をお願いいたします。

 

◎受講要件について

実践塾の受講は、地域活性化センターの個人賛助会員に対するサービスの一環です(他に機関紙配布、メルマガ配信等のサービスがあります)。このため受講を希望する場合は、賛助会員になって頂く必要があります。

賛助会費は地方創生実践塾地方版L会員10,000円です

なお、開催地までの往復交通費・宿泊費・飲食代等は別途ご負担となります

 

 

◎賛助会員について

賛助会員にはA会員、B会員、C会員、L会員、S会員の種別があり、それぞれサービス内容が異なります。

詳細はこちらをご覧ください。⇒ 【賛助会員】

 

◎申込方法

①参加申込フォームへの入力、または②参加申込書に記入しE-mail:chiiki@jcrd.jpまたはFAX(03-5202-0755)にてお申込みください。

・平成29年度地方創生実践塾in愛媛県 参加申込フォーム

⇒ 参加申込フォーム

 

※下記、チラシをご参照ください(確定版のチラシに更新しました)

 チラシ(PDF:567KB)

 

◎参考情報

・愛媛マルゴト自転車道サービスサイト

・愛媛マルゴト自転車道facebook

 

 

連絡先 振興部 地域支援総務課 TEL:03-5202-6136 E-mail:chiiki@jcrd.jp【「@」は半角に置き換えてください】