地域活性化センター事業紹介映像を制作しました

YouTube内の地域づくりTVで公開しています

地域おこし協力隊 日本を元気にする60人の挑戦

絶賛販売中!

Web会員専用サイトを開設しました

詳細は画像をクリックしてください

地域活性化センターfacebookページ

「地域づくりの現場なう!by地域活性化センター」

月刊「地域づくり」最新号

12月号「官民で取り組む地方創生」

自治体アンテナショップ支援事業

自治体アンテナショップ情報

 

平成29年度第10回地方創生実践塾 in 熊本県人吉市

多様な人材で創造する新しいコミュニティビジネスのあり方・実践編

 ※H29.11.1 カリキュラムに一部変更がありました。

 

hitoyoshi2 

人吉市や再生した元空き家を舞台に、「食」「農」「命」をテーマとし、九州各地のムラで活躍している実践者とひざを突き合わせながら、空き家を活用した新たなコミュニティビジネスのあり方や新しいコミュニティづくりについてじっくり学びあう、よくばりな2日間です。

開催日:平成30年1月19日(金)~平成30年1月20日(土)

会 場:ひまわり亭(熊本県人吉市矢黒町1880-2)

        リュウキンカの郷(熊本県球磨郡あさぎり町深田西879-1)

 

  ※人吉駅・人吉IC(宮崎・鹿児島空港利用者)~ひまわり亭・リュウキンカの郷間の無料送迎あり(希望者のみ)。

     【行程予定】 19日:人吉駅(12:30ひまわり亭(1250

                                  人吉IC(1240ひまわり亭(1300

              20日:リュウキンカの郷(1335人吉駅(1410)     

                                  リュウキンカの郷(13:35人吉IC(1400

定 員:40名(定員に達しましたら締め切らせていただきます) ※現在、あと4名です。

対 象:地域づくりに興味のある方

              (公務員、NPO、企業社員、学生、どなたでも可)  

 

【ポイント】

●実際に講師が再生した元空き家にて、空き家を活用した新たな

 コミュニティビジネスのあり方や新しいコミュニティづくりに

 ついてじっくりと学びます!

 

●1日目には、地元の旬の食材を使って、みんなで料理づくりを
 します。みなさんの地元の特産物を持ってくることも可能ですので
 PRも兼ねて是非お持ちください。
 
※1日目の夜には希望者と講師による意見交換会を行います。
 また、カリキュラムも参加者同士で話し合い、交流する機会が多い
 構成となっています。
 全国から集まる受講者や講師の方々とざっくばらんに語り合い、
 同じオモイをもつ同志をみつけることや、人脈づくりにお役立てください!

 

講師紹介

 主任講師 本田 節 氏

00honda  ・有限会社ひまわり亭代表取締役

  ・地域づくり団体全国協議会幹事

  ・総務省過疎対策懇話会委員

  ・食・農・人総合研究所リュウキンカの郷 主宰

   ・九州ツーリズムコンソーシアム “ムラたび九州”会長

1989年「ひまわりグループ」を結成し、ボランティアやまちづくり活動を開始。そこで出会った仲間たちと、1998年に「もったいない」をキーワードに、「郷土の家庭料理 ひまわり亭」をオープン。食を地域資源とした拠点として、全国からファンが訪れる。  2017年、球磨郡あさぎり町にて、「食・農・人総合研究所リュウキンカの郷」を開所し、現在、食を柱とした地域づくり及び次世代の農業農村を担う人材育成に尽力中。

 

 

【特別講師】

人吉市長  松岡 隼人氏

 matuokashichou
  平成27年、人吉市長に当選。

 座右の銘は「謙虚」。趣味はマラソン、読書。

 

 

井澤るり子 氏@熊本県下益城郡美里町         

01izawa

 ・合同会社フットパス研究所代表

 ・美里フットパス協会副会長兼運営委員長

 ・フットパスネットワーク九州議長

  

 地域に残る江戸時代に架けられた石橋をガイドする「石橋ガイド」として活動するとともに、地域に残る豊かな文化・景観を歩きながら楽しむ「フットパス」を各地に普及。現在、地域の素晴らしさを伝えるインタープリターとして全国各地で活躍。

  

江藤 理一郎 氏@熊本県小国町

02etou ・一般財団法人 学びやの里 事務局長

  

 大学卒業後Uターンし、現在、宿泊・レストラン・温泉など町の公共施設「木魂館」を管理運営。またムラの暮らし研究所を設立し、地域おこし協力隊九州サミットや生業づくり、空き家再生など地域おこしに関するソフト事業を展開し、都市と小国をつなぐコーディネーターとして活躍。 

 

 山口 久臣 氏@熊本県熊本市

03yamaguchi ・九州自然学校協議会(NSP-Q)代表、RQ九州代表

 ・一般社団法人アイ・オー・イー代表理事

 ・自然学校&ツーリズム・プロデューサー

  

 昭和61年、野外教育・環境教育・国際教育の民間専門事業所「野外教育研究所IOE」を設立し、自然学校とツーリズムを主テーマとした環境地域づくりに長年携わる自然学校のスペシャリスト。熊本地震の際はいち早くボランティアセンターを立ち上げ、現在も活動を続けると共に、自然災害についての教育も推進。

 

 飯干 敦志 氏@宮崎県高千穂町

04iiboshi・(株)高千穂ムラたび 代表取締役
・高千穂ムラたび協議会 会長
・高千穂観光協会 理事

  無名の限界集落「秋元」で、エコミュージアム、直売所、食堂、農家民宿、農産物の加工販売などを住民連携の事業として立ち上げ、食堂・民宿の利用者が年間約2,000人、秋元神社への参拝など限界集落に年間約30,000人の交流人口が生まれ、あまざけ・どぶろくの製造販売事業を中心に10人の若者雇用を生んでいる。地域住民や若者と未来のムラづくりをめざし、斬新な山村ビジネスを展開している。

 

 養父 信夫 氏@福岡県宗像市

05youfu ・一般社団法人 九州のムラ 代表理事

 ・総務省 地域創造力アドバイザー

 ・内閣官房 地域活性化伝道師

 

 株式会社リクルートを経て、1998年より独立。先代編集長の元、雑誌「九州のムラ」の制作に携わり、ムラの魅力を発信し、九州のグリーンツーリズムの啓蒙に取り組む。現在は「Nippon ノ MURA」編集長、また「ムラの療養士」として、農村漁村へのインバウンド推進、移住定住施策、地域おこし協力隊のアドバイザーなど行っている。「ムラの命をマチの暮らしに、マチの力をムラの生業に」をモットーに、マチとムラの繋ぎ役として活躍中。 

 

小金丸 麻子 氏@うすきツーリズム活性化協議会

06kodanemaru 大学卒業後、NPO法人安心院町グリーンツーリズム研究会に在籍し、農村民泊の受入業務全般に携わる。退職後、福岡市で地域づくりサポートに従事後、福岡県糸島市の海辺の飲食店でサービス業に従事。現在はうすきツーリズム活性化協議会にてグリーンツーリズムを基盤とした移住定住事業、インバウンド事業、地域資源を組み合わせたコラボ事業、企業研修事業、体験メニュー開発などを推進中。 

 

 

プログラム(予定)

 1日目:1月19日(金)》

1230~ 受付(ひまわり亭)

1300~ 

      ◆「ひまわり亭にて食体感」…昼食を兼ねて

      ◆「人吉市のまちづくり」人吉市長 松岡隼人氏

1500  「リュウキンカの郷」へ移動

 ◆「地元の旬の食材を使った料理づくり」 主任講師 本田節氏

     様々な食材を組み合わせ、みんなで夕食づくり!

17301830    夕食

18301930    さがら温泉 茶湯里で温泉タイム

  19302100    夜の座談会

2100以降、希望者のみ参加による講師を交えての意見交換会を開催予定

 

 2日目:1月20日(土)》

     700~ 朝食前のフットパス&日本一の朝食づくり

     900~  講義 (主任講師 本田節氏)

  1000~  グループワーク、まとめ

   1230~ 昼食(昼食後解散)

 

内容が変更となる場合があります。

また、講演タイトルは仮題ですのでご了承ください。

 

受講要件について

実践塾の受講は、地域活性化センターの個人賛助会員に対するサービスの一環です(他に機関紙配布、メルマガ配信等のサービスがあります。詳しくはhttps://www.jcrd.jp/)。このため受講を希望する場合、個人賛助会員になって頂く必要があります。  

個人賛助会費は【地方創生実践塾地方版L会員10,000円】です。また、開催地までの往復交通費、セミナー参加に伴う宿泊費等は別途ご負担ください。なお、食事についてはカリキュラムの一部となっており、申し訳ありませんが、その食材費等が別に必要となります。金額については、申込受付後、別途ご連絡いたします(朝食1回、昼食2回、夕食(兼ワークショップ)1回で約7,000円の見込み)。

 

◎宿泊について

会場となっているリュウキンカの郷は相部屋(和室複数あり。1室当たり5名程度)となりますが宿泊可能な研修施設です。カリキュラムの構成上、リュウキンカの郷での宿泊が望ましいですが、20名程度までしか宿泊することができません。誠に申し訳ありませんが、リュウキンカの郷への宿泊は先着順とさせていただき、それ以外の方につきましては、別途ご案内いたします。

※希望については、申込受付後、メールにて順番に確認させていただきます。 

 

個人賛助会員について

 個人賛助会員にはA会員、B会員、C会員、L会員、S会員の種別があり、それぞれサービス内容が異なります。

 詳細はこちらをご覧ください。【賛助会員】

 

参加申し込みについて

  ①参加申込フォームへの入力、またはチラシ裏面記載参加申込書に記入しE-mailchiikijcrd.jpまたはFAX(03-5202-0755)にてお申込みください。

 

 ・平成29年度地方創生実践塾in熊本県人吉市参加申込フォーム

  ⇒ 参加申込フォーム

 

 ・下記、チラシをご参照ください。

     実践塾チラシ(人吉市