地域活性化センター事業紹介映像を制作しました

YouTube内の地域づくりTVで公開しています

地域おこし協力隊 日本を元気にする60人の挑戦

絶賛販売中!

Web会員専用サイトを開設しました

詳細は画像をクリックしてください

地域活性化センターfacebookページ

「地域づくりの現場なう!by地域活性化センター」

月刊「地域づくり」最新号

2月号「子どもと取り組む魅力的な地域づくり」

自治体アンテナショップ支援事業

自治体アンテナショップ情報

第16回「自治体アンテナショップ情報交換会」

地域にお金がまわる・人が集まるアンテナショップとは


自治体アンテナショップの人気は現在も継続しており、平成29年には久留米や滋賀等のショップがオープンしました。

当センターでは平成21年度からアンテナショップ情報交換会を開催しております。ご参加いただいた皆さまにご協力いただいたアンケート結果から皆さまの関心が「販売戦略」「集客方法」「広告宣伝」にあることが分かりました。

今回の第16回では皆さまにご参考にしていただきたくその3つを中心に「地域にお金がまわる・人が集まるアンテナショップとは」をテーマに講師をお呼びし、情報交換会を開催いたします。実際に取り組んでいるショップの事例紹介や当センターが皆さまにご協力いただき実施した平成29年度自治体アンテナショップ実態調査の結果をご報告もさせていただきます。

 講義・事例紹介の後には、講師を交えての名刺交換会も予定しておりますのでぜひご参加ください。

日時

 平成30年2月20日(火)14:00から16:40まで (受付は13:30から開始)

会場

 早稲田大学日本橋キャンパス ホール

  (中央区日本橋1-4-1 日本橋1丁目ビルディング5F(コレド日本橋))

 アクセスはこちらをご参照ください。

対象者 

 自治体職員、自治体アンテナショップスタッフ、出展検討中の自治体や企業、興味・関心のある方

定員 

 100名

参加費

 地域活性化センター 会員   無料   

             非会員 1,000円 ※当日受付にてお支払いください。

 

講師紹介(予定)

鈴木 正晴 

(株式会社日本百貨店 代表取締役社長、日本百貨店 ディレクター兼バイヤー、群馬県桐生市PR大使)  

 H29第16回アンテナショップ 鈴木氏

H29第16回アンテナショップ 鈴木氏 日本百貨店 店内1

1997年伊藤忠商事入社。アパレル関連やブランドマーケティングに携わる。日本のスグレモノを国内外で広めるという理念の元2006年に独立。2010年には東京・御徒町に、ニッポンのモノヅクリとスグレモノをテーマにした雑貨店、「日本百貨店」をオープン。現在は東京エキナカや秋葉原の食品専門店など、7店舗を運営。国内外への百貨店等への卸事業やプロモーション業務なども手掛け、作り手と使い手の出会いの場を提供している。


松沢 聡 氏

(株式会社ぐるなび 加盟店営業部門 Let's ブロック Let's営業グループ リーダー)

 
広告代理店にて消費財メーカー、住宅設備メーカーなどのプロモーション経験を経て、株式会社ぐるなびに入社。ぐるなび入社後は、メーカープロモーションや国の震災復興事業、地方自治体の地域活性化事業に従事。その後、地域活性化を行うべく、全国津々浦々、東北地方や北陸地方、中国地方、九州地方、北関東地方のエリアを4年ほどかけて担当し、一次生産者の販路開拓や観光・食材。飲食店の切り口でぐるなびのリソースを活用した食を通した地域活性化を行ってきた。2017年よりインバウンドメディアとインターネットを活用したプロモーションを担当し、さまざまなソリューションの提案を行っている。

 

ここ滋賀(滋賀県) 所在地:日本橋 

 

H29第16回アンテナショップ ここ滋賀 

 かつて近江商人が店を構え、滋賀との縁が深い東京・日本橋に滋賀県の情報発信拠点「ここ滋賀」を、昨年10月29日にオープンしました。1階は滋賀県の特産品や伝統工芸品を販売するマーケティング、総合案内、県内33の蔵元の日本酒が味わえるSHIGA'sBAR、そしてイベントスペース。2階は近江牛と発酵をテーマとしたレストランです。東京にいながら滋賀県の魅力を実際に見て、触れて、食べて、感じることのできる施設として運営しています。

 

まるごと高知(高知県) 所在地:銀座

 

H29 第16回アンテナショップ まるごと高知 りょうま

 H29 第16回アンテナショップ まるごと高知 田舎寿司

 「高知のヒト、コト、モノの発信拠点」として2010年8月、銀座一丁目にオープンしまhした。1階は野菜やお菓子、調味料など、地下1階は高知県全蔵の日本酒や焼酎や工芸品の販売をしています。2階レストラン「TOSA DINING おきゃく」は、高知の食材を和洋さまざまな料理でお楽しみいただくレストランです。高知の代名詞ともいえる「カツオのたたき」には特にこだわり、高知の漁師が一本釣りしたカツオを店内でさばき、藁焼きしたものを提供しています。運営は、一般財団法人高知県地産外商公社です。ショップ、レストランの収益事業のほか、プロモーションを専門にするプロモーション戦略局、全国各地の小売・飲食業に県産品を売り込むための外商部が東京、大阪、高知にあります。

  

いわて銀河プラザ(岩手県) 所在地:銀座

 

 

H29 第16回アンテナショップ いわて 外観

銀座にある岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」。岩手県の恵まれた自然が育んだ安全でおいしい食品、職人の技が生み出す工芸品、産地直送直売や観光PRイベントなど「いわてブランド」を一同に集結しました。平成30年10月20日にはオープンから20周年を迎えます。

      

内容

   13:30~14:00 受付

14:00~14:05 開催挨拶  (一財) 地域活性化センター 理事長 椎川忍

14:05~14:55 第1部 株式会社日本百貨店 鈴木 正晴氏「地域にお金を廻す販売戦略」

14:55~15:05 第2部 (一財)地域活性化センター 広報室長 畠田千鶴 

            「アンテナショップ支援事業(実態調査報告)について」

15:05~15:25 第3部 株式会社ぐるなび 松沢 聡氏 

                                            「インターネット・パンフレットを活用した広告宣伝」 

15:25~15:35    休憩  

15:35~16:20    事例紹介 各15分

          ①ここ滋賀「ここ滋賀の設立経緯・運営について」

         (滋賀県情報発信拠点「ここ滋賀」広報・企画担当 辻 良介氏)

               ②まるごと高知「まるごと高知の広報活動」

          (高知県地産外商公社 プロモーション戦略局

           広報担当シニアディレクター 野戸 昌希氏)

           ③いわて銀河プラザ「いわて銀河プラザの販売戦略」

          (岩手県産株式会社 東京支店 

           いわて銀河プラザ 副店長 清水 吉彦氏)              

16:20~16:40 名刺交換会

 ※当該セミナーのスケジュール、講義タイトル等につきまして、予告なく変更する場合がございます。予めご了承下さい。

申込みはこちらから→ 申込フォーム 

連絡先 振興部 地域づくり情報課広報室 TEL:03-5202-6137 E-mail:kouhou@jcrd.jp【「@」は半角に置き換えてください】