「地域づくり」2018年6月号

ログインしてダウンロードする (PDF9.1MB)

地域づくり2018年6号_本編表紙.jpg

【特集】生き物対策と地域づくり
<表紙>モネの池(岐阜県関市)


月刊「地域づくり」
定価 500円(税込)/冊 年間 8,160円(税込・送料込)
毎月初旬に発行・申込冊数により送料は異なります。

【本編】

◆巻頭エッセー

「世界に輝く静岡」の実現に向けて 田辺信宏(静岡市長)

◆基調論文

統合的な野生動物管理システムの構築に向けて 梶 光一(東京農工大学大学院農学研究院 教授))

◆事例

  • 北海道名寄市 特定外来生物の防除・啓発活動で住民と協働 小林訓伯
  • 長野県小諸市 永続的な野生鳥獣対策システムを構築 竹下 毅
  • 鳥取県鳥取市 狩猟を通して人と触れ合うハンター民宿 上田知子
  • 徳島県 ジビエ・ビジネスを通じた野生生物マネジメント体制 内藤直樹

◆副基調論文

捕獲鳥獣のジビエ利用を通じた地域づくりの可能性 山内芳紀(農林水産省農村環境課鳥獣対策室鳥獣利活用推進係長)


◆レギュラーリポート

  • "がんばる地域" 応援事業 福井県若狭町 空き家を地域活性化のツールに  阪野真人
  • 海外調査報告 アメリカ合衆国ノースアダムス市 MASS MoCA を中心としたまちづくり  
  • 海外調査報告 スペイン・ムンギア市 地域資源を活用しながら住民主体のまちづくり  
  • 国内調査報告 大阪市 教育×福祉を活用したひとづくり・まちづくり  
  • 書籍紹介   
  • 広報室だより 地方創生のための「人材育成パッケージプログラム」を開始  
  • 地域づくりは人づくり 「できない理由を考えるのではなく、できる方法を考える職員になってほしい」 大橋一夫(福知山市長)
  • 首長の思い いつまでも住み続けたい日本一のふるさとを目指して  奥田正和(広島県世羅町長)

◆グラビア

  • 手前みそですが... 【大阪府河内長野市】

【特集編】

◆グラビア

  • 【北海道名寄市】
  • 【宮城県栗原市】
  • 【千葉県いすみ市】
  • 【長野県小諸市】
  • 【福井県鯖江市】
  • 【兵庫県】
  • 【鳥取県鳥取市】
  • 【島根県美郷町】
  • 【徳島県】
  • 【熊本県熊本市】

◆基調論文

統合的な野生動物管理システムの構築に向けて 梶 光一(東京農工大学大学院農学研究院 教授)


◆事例

  • 北海道名寄市 特定外来生物の防除・啓発活動で住民と協働 小林訓伯
  • 宮城県栗原市 池干しによるオオクチバス駆除 三塚牧夫
  • 千葉県いすみ市 特定外来生物キョンの製品化 石川雄揮
  • 長野県小諸市 永続的な野生鳥獣対策システムを構築 竹下 毅
  • 福井県鯖江市 若狭牛の放牧によるイノシシ対策 服部義和
  • 兵庫県 捕獲から製品流通までネットワークを活用 入舩郁也
  • 鳥取県鳥取市 狩猟を通して人と触れ合うハンター民宿 上田知子
  • 島根県美郷町 農家自らイノシシを捕獲し、肉や皮を商品化 森田朱音
  • 徳島県 ジビエ・ビジネスを通じた野生生物マネジメント体制 内藤直樹
  • 熊本県熊本市 ジビエ肉を新たな地域資源として有効活用 田川敬二

◆副基調論文

捕獲鳥獣のジビエ利用を通じた地域づくりの可能性 山内芳紀(農林水産省農村環境課鳥獣対策室鳥獣利活用推進係長)

◆トピックス

名桜大学 おきなわの健康長寿復活へ、公立大学を拠点に支援活動を展開 高瀬幸一

◆地域トピックス

長野県松本市 若い力を地域づくりに生かす 山岸清治

ログインしてダウンロードする (PDF9.1MB)