令和6年度 NEOプロばな

募集中

2024年04月04日

令和6年度プロばな バナー_page-0001.jpg

開催日時(申し込み〆切:7月23日)

令和6年7月30日(火) 

①講 演  16:00~17:10(15:30開場)
②交流会  17:30~19:30

講師

堀口 正裕 氏 (㈱第一プログレス代表取締役社長、TURNSプロデューサー)

 講師写真②.jpg

 総務省地域力創造アドバイザー、国土交通省「地域づくり表彰」審査会委員等を務める他、地域活性事例に関する講演、テレビ・ラジオ出演多数、全国各自治体の移住施策に関わる。
東日本大震災後、これからの地域との繋がりかたと、自分らしい生き方、働き方、暮らし方の選択肢を多くの若者に知って欲しいとの思いから、2012年6月「TURNS」を企画、創刊。「TURNSカフェ」や「TURNSビジネススクール」等、地域と都市をつなぐ各種企画を展開。地方の魅力は勿論、地方で働く、暮らす、関わり続ける為のヒントを発信している。
TOKYO FM『Skyrocket Company』 内「スカロケ移住推進部」、TBSラジオ「ONE-J」ゲストコメンテーター

①講演(プロばな)

 プロばなとは、次世代の地域活性化の担い手となるべく、全国各地から首都圏(国・財団・民間・東京事務所等)に派遣されている地方公共団体職員を対象として、地方では直接話を聞く機会のない各界のプロフェッショナルな方々を講師として招き、新たな学びの機会、人脈や仲間づくりの場を提供する研修交流会です。

 今回は、「移住・関係人口につながる場作りと情報発信のポイント!」をテーマに、㈱第一プログレス代表取締役社長、TURNSプロデューサーである堀口 正裕 氏をお招きし、これまで雑誌の企画や取材を通して堀口氏が感じた地域と都市の若者がつながれる場の作り方や移住・関係人口につながる効果的な情報発信のポイント、地域おこしに携わってきた実践者としての地域の可能性について学びます。

 「TURNS」とは、日本の"地域"をテーマに「ローカルで暮らす魅力」を発信している雑誌です。ライフスタイル、受け継がれている文化、ものづくりなどの「ローカルで暮らす魅力」と、そこで生活する人々の暮らしやシゴト・生業、地域で活躍する人の想いや団体の活動そして移住者を受け入れるための制度や支援策、就職や住まい、起業ノウハウなどの「地域で生きるための知恵」まで。雑誌媒体をはじめ、ウェブマガジン、リアルな場を通してさまざまな情報を提供し、地域や移住に関心のある人や暮らしと地域をつないでいく架け橋となっています。

TURNS.jpg

②交流会(地域活性化伝道師・地域力創造アドバイザーとの集い)

「地域活性化伝道師・地域力創造アドバイザーとの集い」は、様々な地域や分野で活動する地域活性化伝道師や地域力創造アドバイザー、地方公共団体の職員、地域おこし協力隊や民間企業など、地方創生や地域活性化に携わる又は興味がある方々との情報交換とそれぞれの地域が活性化するための出会いの機会となるよう開催している交流会です。

前回(令和5年12月19日開催時)ご参加者(一例)

藤田とし子さん写真.jpg

地域活性化伝道師・地域力創造アドバイザー

まちとひと 感動のデザイン研究所 代表

藤田 とし子 様

『掘り起こせ!地域の宝・まち歩きMAPプロジェクト』をのべ150か所で展開。ワークショップを重ねながら地域の魅力発信と次世代人材育成に取り組んでいる。

定員

100名(現地参加)+オンライン配信(無制限)

参加費

現地参加者   :3,000円(交流会費を含みます)

オンライン参加者:1,000円(講義のみ)

※7月25日(木)以降のキャンセルには実費をいただくことがあります。

対象

・地方公共団体職員(全国各地から首都圏(国・財団・民間・東京事務所等)に派遣されている職員など)

・地域活性化伝道師、地域力創造アドバイザー

・地域活性化に携わっている方、興味がある方であればどなたでも参加OKです!

会場

現   地:日本橋プラザビル3階 会議室2・3・4 (東京都中央区 日本橋 2-3-4)

オンライン:Zoom配信(URLは別途後日共有いたします)

参加申し込みについて

下記参加申込フォームへの入力にてお申込みください。

【申込フォーム(現地参加希望者)】

※講師の方や参加者のみなさまと交流を深める場所にもなりますので現地での参加を推奨いたします。

【申込フォーム(オンライン参加希望者)】

※原則オンライン参加は遠方からの参加や時間の都合上現地参加が難しい方を対象といたします。

  • 会場までの往復交通費・宿泊費等は別途ご負担となります。
  • 申込いただいた内容をもとに参加者で名簿を共有いたします。
  • 万全の感染防止対策のもと実施します。なお、風邪の症状がある方は、参加をご遠慮いただきます。 

連絡先

連携交流室
TEL:03-5202-6133  FAX:03-5202-0755  E-mail:renkei(at)jcrd.jp ※メールアドレスの(at)は@に変更ください。