連携協定

関係団体との連携協定について

地域活性化センターでは、相互の発展並びに地域活性化に寄与することを目的として、地域活性化に向け事業を行っている関係団体と連携協定を締結し、事業実施や人財育成について協力して行うこととし、次の3つの団体と連携協力協定を締結いたしました。

  • 認定NPO法人芸術と遊び創造協会
  • 一般社団法人IGOコミュニケーションズ
  • 特定非営利活動法人NPO法人エヌピーオー・フュージョン長池

連携協力協定締結の様子

左から「認定NPO法人芸術と遊び創造協会」「一般社団法人IGOコミュニケーションズ」「特定非営利活動法人NPO法人エヌピーオー・フュージョン長池」

認定NPO法人芸術と遊び創造協会

日本で唯一の優良玩具「グッド・トイ」の選定機関として1985年に設立。また、同年に「おもちゃコンサルタント」の資格認定講座を開始。子育て支援、病児・高齢者のケア、木育の普及、東京おもちゃ美術館のミュージアム運営など、数々の社会的活動を行っています。
東京おもちゃ美術館は、旧新宿区立四谷第四小学校を利用した年間14万人が訪れる「多世代交流」のミュージアム。都心の人口空洞化で廃校となった小学校校舎を活かし、子どもと大人が良いおもちゃに触れ、交流できる施設です。

今回の協定で芸術と遊び創造協会と連携して、ウッドスタート事業を全国に普及し、ウッドスタート宣言する自治体・企業を増やすことを目指します。ウッドスタートとは、芸術と遊び創造協会が展開している「木育」の行動プランのことです。

東京おもちゃ美術館の姉妹おもちゃ美術館として、山口県長門市では「長門おもちゃ美術館」が2018年4月に開館、秋田県由利本荘市では「鳥海山おもちゃ美術館」が2018年7月に開館予定となっています。

左:ウッドスタート宣言調印式の様子、右:イベントの様子

IGOコミュニケーションズ

人と人を繋げ、一人ひとりの命の輝きを応援し、孤立のない平和で安心して暮らせる世界を実現し、広く公益の増進に寄与することを目的として2013年に設立。囲碁のルールを簡単にした誰でもすぐに楽しめる『ふれあい囲碁』を使って、世界中の人たちを笑顔で繋げる活動を行っています。
『ふれあい囲碁』は、年齢、性別、国籍、言語、文化、障がいの有無にかかわらず誰もが向き合い、遊びながらふれあえるコミュニケーションのツールです。
全国の学校をはじめとする教育現場、福祉施設、地域づくりの場、様々な場所で普及活動をし、今では海外まで発展しています。

IGOコミュニケーションズと連携を推進し、ふれあい囲碁を通じてファシリテート能力を養い、地域活性化センターが目指す地域づくりプランナーの養成につなげます。

イベントの様子

NPOフュージョン長池

指定管理者として公園の管理と生物多様性に取り組みながらまちづくりを行っています。
多摩ニュータウン南西部の長池公園を中心に、住民の暮らしを様々な角度から支援することを目的に活動しています。
地域活性化支援、住宅管理支援、住まいづくり支援、高度情報化支援、地域広報支援などに取り組んでいるほか、2001年7月からは八王子市より委託を受けて、八王子市長池公園自然館(長池ネイチャーセンター)の管理運営を開始。
2006年4月からは、「NPOフュージョン長池」「(株)富士植木」「(株)プレイス」の三者連合体『フュージョン長池公園』が長池公園全体の指定管理者として管理運営を開始しています。
また、八王子東部地区にある公園と緑地(152ケ所)の管理・運営を、平成26年4月1日から、『スマートパークス由木』が指定管理者として管理運営しています。『スマートパークス由木』は4つの構成団体「NPOフュージョン長池」「一般社団法人スマート」、「(株)ビスタ」、「株式会社エーデン」、から構成されています。

今回の協定により、研修生をNPOフュージョン長池にインターン派遣し、NPOが核になって進めている協働のまちづくり手法、人財育成について学びます。

イベントの様子