人口戦略・地域経済循環分析

当センター「人口・地域経済研究室」では、依頼に応じた人口動向や経済循環構造の分析、これらの結果を基にしたワークショップの開催等に取り組んでおり、実施団体様を募集しております。
実施メニューや時期の希望等、下記までご相談ください。

実施メニュー

1.基礎自治体の中の地区や集落等を単位とした「人口推計」

過去5年間の人口変化率を踏まえた人口推計や目標人口達成のための具体的取組みについてシミュレーションを実施します。

  • コーホート変化率法に基づく人口推計手法についての説明
  • 単位区域ごとの人口推計
  • 住民等が描く将来像のシミュレーション

※ 単位区域例:集落、小学校区、自治会等 (但し、人口が300人以上の区域が望ましい)
※ 受託金額:50万円(単位区域が10を超える場合、5区域毎プラス5万円)及び実費(旅費)
※ 必要データ:基準点及び5年前の男女5歳刻み住民基礎台帳人口データ等

参考:【人口推計】人口戦略づくり

«補足 コーホート変化率とは»
過去における実績人口の動勢から変化率を求め、それに基づき将来人口を推計する方法。年齢別・男女別の基準年及び5年前の人口から算出するもの。

2.基礎自治体未満の「地域経済循環分析」

住民や企業への聞き取り調査を基に地域内調達の現状や課題を見える化し、効果的な地域経済循環の促進のための施策立案を行うワークショップを開催します。

  • 地域内調達の現状を把握するための現地調査(食料品や燃料等、地産地消の可能性があるものを対象)
  • 調査結果を基にした現状分析、経済効果の検証
  • 分析・検証結果を踏まえた施策立案ワークショップ及び検討

※ 単位区域例:一次生活圏(概ね平成の大合併前の旧市町村の区域単位を想定)
※ 受託金額:当面は試行扱いとしますので、料金はご相談ください。
※ 必要データ:直近の経済センサスデータ等

分析イメージ

分析イメージ

3.基礎自治体及び複数自治体に跨る経済圏等を単位とした「地域経済循環分析」

地域の経済循環を見える化し、地域の現状や課題に即した施策の立案を行うため、地域経済循環分析に関する基礎講義やワークショップを開催します。

  • 地域経済循環分析に係る基礎講義及びグループワーク
  • 地域経済循環分析
  • 分析結果を踏まえた施策立案ワークショップ及び検討

※単位区域例:県市町村、広域圏等
※受託金額:50万円~300万円程度
※必要データ:地域経済計算及び地域産業連関表
⇒(株)価値総合研究所から1自治体あたり5万円で入手可能
参考HP:RECA地域経済循環分析モデル

参考:【地域経済循環分析】地域経済の見える化

«補足 地域経済循環分析とは»
従来のような生産・販売分野だけでなく、生産・分配・支出の三側面で地域経済を分析する。地域産業の特色に加え、所得・消費の流出入額の把握も行うことにより、新たな課題抽出ができ、より的確な政策や施策の立案・実行に役立てることができるもの。

分析イメージ

分析イメージ

その他

  • 必要データの他に、別途情報提供をお願いする場合がございます。
  • 分析にかかるサービス料金は添付ファイルをご参考ください。⇒参考:価格単価表

連絡先

人口・地域経済研究室
TEL:03-6262-2950  FAX:03-5202-0755  E-mail:kenkyu@jcrd.jp