地方創生実践塾

地域を愛するすべての人求む
地域住民、自治体職員、NPO、任意団体、民間企業、学生等々どなたでも参加できます!

地方創生実践塾とは

地域で課題となっているテーマを選定し、先進的な取り組みを行う地域を開催地として、講義やフィールドワーク、グループワーク等の研修手法で、より実践的な地域づくりのノウハウや手法を学ぶことができる2~3日間のセミナーです。

このセミナーに参加すると・・・

  • 地方創生、地域活性化に向けた専門的かつ実践的な知識を学ぶことができます!
  • 講義だけでなく、フィールドワークなどにより先進的な事例を場で学ぶことができます!
  • 講師や全国から集まる熱意にあふれた参加者との人脈をつくることができます!

地方創生実践塾の開催を希望する自治体の方へ

こちらからご応募ください。

カリキュラムのイメージ

地方創生実践塾は、2~3日間の日程で開催し、主任講師の講義や、フィールドワーク、グループワークなどで構成したカリキュラムを組んで行います。主な流れは次のとおりです(開催地により日数、カリキュラムは異なります)。

1日目

開催テーマに関する基本的な知識や開催地での取組の把握から始まり、より具体的な学びに入ります。

・開講式

・主任講師による導入講義

・自治体職員、地域づくり関係者等の特別講師による講義、パネルディスカッション等

2日目

より実践的な内容になります。グループワークでは講義やフィールドワークを通じて感じた意見を交換し、そのテーマに関する課題について協議することにより、認識を深めます。

・主任講師、特別講師等による講義

・フィールドワーク(団体の活動やまちづくりの各種取組を現地で学びます)

・グループワーク等

3日目

最後に、グループワークの発表やまとめの講義を行い、トータルとして明日から実践できるノウハウの習得を目指します。

・グループワークの発表

・主任講師による総括講義

・閉講式

2020年度開催地・テーマ

現在開催が決まっている2020年度地方創生実践塾の開催地と開催日程は以下のとおりです。

第1回 島根県海士町

日程 令和2年5月22日(金)~24日(日)
テーマ

「日常の幸せ」を誇れる地域づくりへ

~「ないものはない」海士町から繋げていく「わたし」の実践~

2020年度第1回地方創生実践塾in島根県海士町

第2回 奈良県川上村

日程 令和2年6月12日(金)~13日(土)
テーマ

つなぐ・つづける「水源地の村づくり」

~地域を支える小さな拠点と地域おこし協力隊~

2020年度第2回地方創生実践塾in奈良県川上村

第3回 長野県小布施町

日程 令和2年8月28日(金)~29日(土)
テーマ

協働と交流のまち小布施に学ぶ、関係人口のつくり方

第4回 山形県米沢市

日程 令和2年9月5日(土)~6日(日)
テーマ

まちづくりメディアラボ

~WEB・動画・写真を駆使した地域プロモーション技法を学ぶ~

第5回 岐阜県飛騨市

日程 令和2年9月11日(金)~12日(土)
テーマ

未来のコミュニティを考える~飛騨市関係人口研究所の挑戦~(仮)

第6回 岩手県紫波町

日程 令和2年9月25日(金)~26日(土)
テーマ

紫波町における都市と農村のくらし

~オガールプロジェクトとリノベーションまちづくり~

第7回 群馬県みなかみ町

日程 令和2年10月9日(金)~10日(土)
テーマ

自然を活かした持続可能な体験型観光(仮)

第8回 京都府宇治市

日程 令和2年10月30日(金)~31日(土)
テーマ

歴史・文化を受け継ぐ未来志向のまちづくり(仮)

第9回 福島県会津若松市

日程 令和2年11月13日(金)~14日(土)
テーマ

スマートシティ実現に向けたICTの活用(仮)

第10回 島根県邑南町

日程 令和2年12月4日(金)~5日(土)
テーマ

12の公民館区に学ぶ社会増の仕掛け(仮)

第11回 宮崎県日南市

日程 令和3年1月22日(金)~23日(土)
テーマ

油津商店街再生にみるソトの視点の活かし方

セミナー情報

地方創生実践塾 申込フォーム
2020年度実践塾必須

性別必須

1975年10月1日

入力例:123-4567

お勤め先の名称(会社名等)を記入してください。

お勤め先の所属(課名など)をご記入ください。

お勤め先の役職をご記入ください。

連絡先電話番号を記入ください。ハイフン「‐」は不要です。例)111‐2222‐3333の場合、11122223333

当日確実に連絡がとれる番号を記入ください。ハイフン「‐」は不要です。例)111‐2222‐3333の場合、11122223333

※入力されたアドレスへは、当センターからの事務連絡のほか、各事業のご案内等に利用させていただく場合があります。

連絡先メールアドレスを入力してください。


交流会の出欠必須

交流会の出欠を選択してください。会費として4,000円程度ご負担いただきます。

請求書必須

請求書の要否を選択してください。

このセミナーをどこで知りましたか?