地方創生実践塾

『地域を愛するすべての人求む』

 自治体職員、NPO、任意団体、民間企業、学生等々どなたでも参加できます!

 

★地方創生実践塾とは?

★カリキュラムのイメージ

★新型コロナウイルス感染症の対策について

★令和4年度 開催日程

★受講にあたって

地方創生実践塾とは?

 先進的な取り組みを行う地域を開催地とし、講義やフィールドワーク、グループワーク等のメニューから、より実践的な地域づくりのノウハウや手法を学ぶことができる2~3日間のセミナーです。

 全国から集まる熱い参加者と思いを共有し、強いつながりをつくることができることも魅力です。

 令和3年度までに合わせて122回開催し、延べ3,900人以上の方々にご参加いただきました。

スライド1.JPG

過去の開催実績はこちらをクリック!

◆実践塾に参加すると...

  • 地方創生、地域活性化に向けた専門的かつ実践的な知識を学ぶことができます!
  • 講義だけでなく、フィールドワークなどにより先進的な事例を現地で体験的に学ぶことができます!
  • 講師や全国から集まる熱意にあふれた参加者との人脈をつくることができます!

◆実践塾の開催を希望する自治体の方へ

 一緒に実践塾を開催して頂ける自治体を募集しています!

希望する自治体はこちらをクリック!

スライド2.JPG

カリキュラムのイメージ

 実践塾は、2~3日間の日程で開催し、主任講師の講義やフィールドワーク、グループワークなどで構成したカリキュラムを組んで行います。

 主な流れは次のとおりです(開催地により日数、カリキュラムは異なります)。

1日目

 開催テーマに関する基本的な知識や開催地での取組の把握から始まり、より具体的な学びに入ります。

  • 開講式
  • 主任講師(※)による導入講義
  • 自治体職員、地域づくり関係者等の特別講師(※)による講義、パネルディスカッション等

※主任講師、特別講師:開催地で活動している有識者や専門家、地域づくり活動の実践家等

 

2日目

 より実践的な内容になります。グループワークでは講義やフィールドワークを通じて感じた意見を交換し、そのテーマに関する課題について協議することにより、認識を深めます。

 最後に、グループワークの発表やまとめの講義を行い、トータルとして明日から実践できるノウハウの習得を目指します。

  • 主任講師、特別講師等による講義
  • フィールドワーク(団体の活動やまちづくりの各種取組を現地で学びます)
  • グループワーク等
  • 主任講師による総括講義
  • 閉講式

新型コロナウイルス感染症の対策について

 実践塾では、皆様に安心して受講していただくため、感染防止対策を徹底しています。

 ご参加いただく皆様にも、検温やアルコール消毒、マスク・フェイスシールドの着用など、感染防止対策へのご協力をお願いしています。

・状況に応じて、ご受講までにセンターが用意する抗原検査キットを使用し検査を受けていただく場合がございます。
・37.5度以上の方は実践塾への参加をご遠慮いただく場合があります。
・実践塾当日は「体調確認書 兼 誓約書」をご提出いただきます。

令和4年度 開催日程

 現在開催が決まっている令和4年度地方創生実践塾の開催地と開催日程、テーマは以下のとおりです。

 ※各回の詳細・お申込ページは、開催3か月前を目安に開設します。

  お申込は、各回のページ開設後より受け付けますので、しばらくお待ちください。

 ※新型コロナウイルス感染症の感染状況によって、延期や中止、オンライン開催への切替を行う場合があります。

◆長野県小布施町 【好評につき2年連続開催】

日程 令和4年5月27日(金)~28日(土)
テーマ

「地域内外の人々が溶け合う小布施流まちづくり
~「協働と交流」で取り組む「環境先進都市」への挑戦~」

主任講師

林 志洋 氏(小布施町 総合政策推進専門官)

詳細・お申込はこちらをクリック!

<参考>令和3年度の小布施町開催レポートはこちらをご覧ください。

◆岩手県紫波町 【好評につき5年連続開催】

日程 令和4年6月17日(金)~18日(土)
テーマ

公民連携でオガールができるまで、そしてその先へ」

主任講師

鎌田 千市 氏(紫波町 企画総務部 企画課長)


◆群馬県みなかみ町    

日程

令和4年6月24日(金)~25日(土)

テーマ

「ポストコロナ時代の新しい旅のカタチ"ナノツーリズム"の思考と実践
~「葉っぱ一枚すら観光資源?」アイディア次第の地域資源掘り起し術~」

主任講師

福田 一樹 氏(一般社団法人みなかみ体験旅行 常務理事)


◆鳥取県米子市 

日程 令和4年7月15日(金)、23日(土)~24日(日)
テーマ

「まちづくりメディアラボ

~WEB・動画・写真を駆使した地域プロモーション技法を学ぶ~」

主任講師

谷中 修吾 氏(BBT大学グローバル経営学科長・教授 兼 一般社団法人INSPIRE 代表理事)


◆神奈川県真鶴町【好評につき2年連続開催】

日程 令和4年8月26日(金)~27日(土)
テーマ

「ローカルから未来をつくる~真鶴町の民力で共創する多様な暮らし~」

主任講師

卜部 直也 氏(真鶴町 政策推進課 課長補佐兼戦略推進係長)

◆岐阜県飛騨市 【好評につき3年連続開催】

日程 令和4年9月9日(金)~10日(土)
テーマ

「地域資源の価値創造とその仕組みづくり(「広葉樹のまちづくり」を例に)
~地域資源のバリューチェーン構築による新たな価値の創出~」

主任講師

調整中

◆富山県 

日程 令和4年9月30日(金)~10月1日(土)
テーマ

「eスポーツ×高齢者福祉

ーみんなでワイワイ!!eスポーツによる介護予防と福祉コミュニティの新たな形ー」

主任講師

堺谷 陽平 氏(富山県eスポーツ連合会長、株式会社ZORGE代表取締役社長兼CEO)


◆北海道富良野市             

日程 令和4年10月7日(金)~8日(土)
テーマ

「公民連携におけるまちづくり~フラノマルシェを核にした中心市街地活性化の取組~」

主任講師

大玉 英史 氏(富良野商工会議所 専務理事ふらのまちづくり株式会社 取締役 兼任)

 


◆和歌山県和歌山市 

日程 令和4年10月6日(木)、10月14日(金)~15日(土)
テーマ

「無人島からの地方創生 進化思考×SDGsアイデアソンin友ヶ島」

主任講師

太刀川 英輔 氏(NOSIGNER代表)

◆島根県松江市   

日程 令和4年11月4日(金)、12日(土)~13日(日) 
テーマ

「まちづくりメディアラボ

~WEB・動画・写真を駆使した地域プロモーション技法を学ぶ~」

主任講師

谷中 修吾 氏BBT大学グローバル経営学科長・教授 兼 一般社団法人INSPIRE 代表理事)   



◆島根県邑南町【好評につき3年連続開催】

日程 令和4年12月2日(金)~3日(土)
テーマ

12の地域力で描く地方創生~新たなコミュニティのカタチを探る~」

主任講師

白石 絢也 氏(一般社団法人小さな拠点ネットワーク研究所 監事)


◆徳島県    

日程 令和4年12月8日(木)~9日(金)
テーマ

「森林(もり)から始まるサステナブルな社会」

主任講師

熊谷 幸三 氏(一般社団法人とくしま森林バンク顧問)


◆徳島県美波町    

日程 令和4年7月8日(金)~10日(日) ⇒延期日程 令和5年1月20日(金)~22日(日)
テーマ

「にぎやかそ(にぎやかな過疎)を創る
~サテライトオフィス誘致を核とした人口減少社会のまちづくり~」

主任講師

吉田 和史 氏(株式会社あわえ 執行役員/地方創生推進部長/ローカル・インテグレーター

申込開始までしばらくお待ちください。

受講にあたって

 実践塾は、当センターの個人賛助会員に対するサービスの一環であり、実践塾の受講のほか、機関紙配布やメールマガジン配信等のサービスがあります。受講にあたっては、個人賛助会員への加入をお願いします。

 なお、令和4年度からサブスクリプション型人材育成を新設しています。

実践塾の個人賛助会員には、プレミアム・プラチナ・シルバー・L・LS会員の区分があります。なお、開催地までの往復交通費、宿泊費、飲食費等は別途ご負担となります。

プレミアム会員

地方創生実践塾は無制限に参加可能

サブスクリプション動画配信サービスは20アカウント12カ月

プラチナ会員

地方創生実践塾は10回参加※追加受講の場合は追加で費用が必要となります。

サブスクリプション動画配信サービスは5アカウント12カ月

シルバー会員

地方創生実践塾は5回参加※追加受講の場合は追加で費用が必要となります。

サブスクリプション動画配信サービスは2アカウント12カ月

1回だけ受講を希望される場合

L会員:10,000円

LS会員(学生):5,000円

※プレミアム、プラチナ、シルバー会員は減免制度もあります。

 個人賛助会員の詳細は個人賛助会員チラシ(R4.4.1).pdf.をご確認ください。

 セミナー欠席等による個人賛助会費の取扱いについては、こちらをご確認ください。

地域創生実践塾に関するお問い合わせは、下記の連絡先までお願いします。

 

セミナー情報

連絡先

セミナー統括課
TEL:03-5202-6134  FAX:03-5202-0755  E-mail:seminar@jcrd.jp