【募集中!】地方創生実践塾in丹波篠山市

募集中

2024年06月05日

 丹波篠山市は、兵庫県の中東部に位置しており、広さ377.6㎢と兵庫県域の約4.5%を占めている自然環境の豊かな市です。

 同市では平成19年に神戸大学農学部と、平成22年には神戸大学全学と包括連携協定を結び、多方面にわたって連携事業、共同研究を行っています。また、市内に拠点施設「丹波篠山フィールドステーション、農村イノベーションラボの2施設を設置し、地域と距離の近い連携を進めています。

 今回の実践塾では、大学の知と地域のネットワークを活かした農村の人づくり、地域づくりについて学ぶとともに、農村の地域人材育成の現場を体感し、実践へ繋げるポイントついて共に考えます。

学べること

・行政と大学の連携(協働)の在り方や成功事例

・地域人材の育成による農村イノベーションと循環的な人材育成の仕組み

・農村の地域人材育成の現場体験 など

こんな方におすすめ

・官学連携の在り方や成功事例を学びたい方

・農村イノベーションや地域づくりの手法を学びたい方

自治体職員の皆様、地域おこし協力隊の皆様、地域づくりにかかわるすべての皆様を歓迎します。

地方創生実践塾in丹波篠山市チラシ.pdf



概 要

開催日

 令和6年9月19日(木)~9月21日(土) 

会 場

 ユニトピアささやま ほか(兵庫県丹波篠山市矢代231-1

定 員

 20名(先着順)

対 象

官学連携の在り方や成功事例を学びたい方

・農村イノベーションや地域づくりの手法を学びたい方

※地域づくり団体、公務員、学生等どなたでも歓迎します! 

スケジュール(変更となる場合がありますのでご了承ください)

9月19日(木)

13:00

受付

13:30 (20)

開講式・オリエンテーション

14:15 (45)

移動(イノベーションラボ→ユニトピア)

15:00 (90)

リード講義

16:30 (30)

事務連絡、参加者チェックイン

17:00

懇親会

9月20日(金)
9:00 移動(ユニトピア→FS)
9:30 (75)

特別講義1

10:45 (45) 特別講義2
11:30 (30) 移動(FS→やまもりサーキット)
12:00 (60) 昼休憩
13:00 (15) 移動(ぷかぷかコミューン→コワーキングスペース)
13:15 (45)

フィールドワーク1

14:00 (15) 移動(コワーキングスペース→けものら)
14:15 (60) フィールドワーク2
15:15 (45) 移動(けものら→FS)
16:00 事務連絡

9月21日(金)
9:00 (90) グループワーク
10:30 (60) サブ講義
11:30 修了式

講師紹介

主任講師 中塚 雅也 氏  神戸大学大学院農学研究科 教授

中塚 雅也 教授(チラシ用).jpg

大阪府出身。神戸大学農学部卒業。1999年より(財)丹波の森協会等にて,丹波地域の地域づくり実務に携わりながら,2004年,神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了,博士(学術)。同農学研究科,助教,准教授を経て2021年より教授(食料環境経済学講座・農業農村経営学研究室)。神戸大学と丹波篠山市の地域連携に活動の当初から携わる。農学研究科地域連携センターを総括。

特別講師 瀬戸 大喜 氏  一般社団法人丹波篠山キャピタル理事

瀬戸 大喜.png

元丹波篠山市地域おこし協力隊、篠山イノベーターズスクール修了生。
大学生のころから丹波篠山市のまちづくりに関わり、2015年に合同会社ルーフスを起業。その後、2020年丹波篠山市地域おこし協力隊コーディネーター、2021年篠山イノベーターズスクールコーディネーターを経て、現職。
ファーストキャリアから現在まで丹波篠山でのまちづくりを仕事としている。
特に、自身の経験から若者や移住者がまちづくりの1歩目を踏む導入支援や、起業・移住相談が得意。
その他、国家資格「はり師・きゅう師」の資格を持ち、特技は肩もみ。

特別講師 安部 梨杏 氏  神戸大学大学院農学研究科 特命助教

安部 梨杏.jpg

博士(農学)
大学時代より地域の方々との交流を大切にしながら、まちづくり協議会(地域運営組織)、
自治体や中間支援組織に関する実践活動や研究を行う。
2023年より丹波篠山フィールドステーションの駐在研究員として着任する。
全国各地の大学生や研究者が丹波篠山市で活動するためのサポート、研究者の調整、
ネットワーキングの支援を行う。

特別講師 金山 俊作 氏  野生鳥獣研究所 けものら 代表

金山 俊作(けものら)(チラシ用).jpg

兵庫県三田市生まれ。獣医師、元丹波篠山市地域おこし協力隊、篠山イノベーターズスクール修了生
動物病院で勤務後、8年間農林水産省で家畜衛生関連の業務にあたった。
2022年からは丹波篠山市地域おこし協力隊として活動、2024年に「野生鳥獣研究所 けものら」を開設し、学生らを対象にした野生動物の解剖実習や、親子向けのセミナー、里山ツアーなどを実施し、地域活性化に取り組んでいる。

特別講師 大谷 晃平 氏  株式会社大谷開発 取締役

大谷 晃平(やまもりサーキット)(チラシ用).png

篠山イノベーターズスクール修了生
2019年、丹波篠山市西紀北地区にて、祖父の事業である草山温泉を継承。
その後温泉の経営再建のため、同年7月には丹波篠山キャンプ場やまもりサーキットをオープン。
開業2年で年間約3万人の来場者が訪れる観光地に成長させる。
また2024年には、コワーキングオフィスVillEdgeを開業し、より地域振興となる仕組みづくりを積極的に行なっている。

特別講師 中森  恵佑 氏  丹波篠山市創造都市課 係長

中森 恵佑.jpg

特別講師 東田 芳博 氏  観光交流部 観光政策官

東田芳博(チラシ用).jpg

株式会社JTBからの出向で丹波篠山市にお世話になって3年目となりました。
2025年大阪・関西万博にあわせて開催する「丹波篠山国際博 日本の美しい農村、未来へ」への準備に携わらせていただいています。

丹波篠山には歴史、文化、景観、工芸、食など様々な魅力の宝庫ですが、最大の魅力は?さてなんでしょう。

その答えを実践塾でご一緒に考えましょう。

集合場所及びアクセス

神戸大学・丹波篠山市農村イノベーションラボ

最寄り駅:JR篠山口駅から徒歩1分

参加費用について

地方創生セミナー、地方創生実践塾に参加される方には参加費用のご負担をお願いしています。参加いただいた方には、アーカイブ動画配信等のサービスを併せて提供させていただきます。

・一般:10,000円

・学生/特別参加者: 5,000円

※別途交流会費、昼食代などがかかります。

参加申し込みについて

下記参加申込フォームへの入力にてお申込ください。

  • セミナー開催日の4営業日前までに欠席の連絡なかった場合、参加費用は返金できません。
  • 交流会、昼食費等の諸経費についても指定の期日以降のキャンセルについては実費を請求いたします。
  • セミナーの中止、変更等は、開催日の3営業日前までに参加者にメール等で通知します。
  • 開催地までの往復交通費・宿泊費・飲食代等は別途ご負担となります。
  • 申込いただいた内容をもとに参加者で名簿を共有いたします。
  • 風邪の症状がある方は、参加をご遠慮いただきます。 

申込フォームはこちら

セミナーの欠席等による参加費用の取扱いについて(R6.4).pdf