平成30年度 第4回地方創生実践塾(埼玉県秩父市)

地方創生実践塾 募集中

2018年05月22日

平成30年度第4回地方創生実践塾 in 埼玉県秩父市 「秩父に学ぶ『地域ブランド』の作り方」

HP写真.png

秩父が取り組むブランディング戦略から学ぶ!

地域のモノ・ヒト・コトを活かした「稼ぐ力」の引き出し方

視察先
  • 「ワールド・ウィスキー・アワード2018」において世界最高賞を受賞したイチローズモルトの「秩父蒸留所」
  • 秩父産ワインの「兎田ワイナリー」
  • 秩父に自生するカエデの樹液からつくられるメープルシロップを製造・販売する国内初のシュガーハウス「メープルベース」

開催日  平成30年8月25日(土)~平成30年8月26日(日)
会場  秩父宮記念市民会館けやきフォーラム、秩父市歴史文化伝承館
定員  30名(人気講座となりますのでお早めにお申し込みください。)
対象

 地方自治体の行政職員、団体職員、地域活性化に取り組んでいる方など

講演者紹介

井上 正幸 氏 / 一般社団法人秩父地域おもてなし観光公社 事務局長

井上正幸氏4.jpg

平成3年4月秩父市役所入庁。

平成8年度観光課配属され、観光行政に長く従事し、道の駅の建設・運営担当、秩父観光協会への出向などを歴任した。

その後、1市4町の観光連携担当を経て、平成24年、任意団体として秩父地域おもてなし観光公社の設立・運営責任者を任命され、平成26年公社を法人化し、事務局長として出向、現在に至る。

横田 武志 氏 / BAR Te・Airigh Sunny Place代表、秩父ウィスキー祭実行委員長

写真2(横田氏).jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

2002年レストラン&バール サルベージに入社し、バーテンダーとして従事。

2007年BAR Te・Airigh(バーチェアリー)を開店。2013年秩父ウイスキー祭実行委員長に就任し、今年まで5回開催。

2018年より製菓部門を立ち上げ秩父郡横瀬町の官民連携プラットフォーム【よこらぼ】に参加し、秩父・横瀬町の特産品を使用した洋菓子の開発をスタート。

中村 雅夫 氏 / 秩父中村屋 代表取締役社長

中村屋・中村雅夫氏.jpg

平成3年に秩父 中村屋に入社する。平成14年に秩父市内のお菓子製造業者が結成した「お菓子な郷推進協議会」初代からのメンバー。

「ちちぶ太白さつまいも」などの秩父地域特有の農産物を使用したお菓子創りや、秩父に自生するかえでに着目し、かえでの樹液を加工し作られる秩父産メープルシロップ「秩父カエデ糖」を使用したお菓子創りに取り組む。メープルシロップ「秩父カエデ糖」を活用した自社製品「ちちぶまゆ」でモンドセレクション銀賞を受賞。産学官連携団体「FIND Chichibu」の輸出推進調査研究分科会長を務め、秩父ブランドの海外販路開拓にも取り組む。

井原 愛子 氏 / TAP&SAP代表・MAPLE BASEディレクター

井原愛子氏.jpg

2014年秩父の木と人に魅了されUターン。

メープルシロップを製造・販売する国内初のシュガーハウス「MAPLE BASE」をプロデュース。

メープル事業のほか、「第3のみつ」といった地域資源を活かす商品開発や販売を行い、秩父の魅力発信や情報発信に努めている。

スケジュール(予定)

1日目(8月25日) 

集合:秩父宮記念市民会館「けやきフォーラム」(13:00 開講)
講義1 「秩父版観光DMOと秩父ブランド『LOVE CHICHIBU PROJECT』」井上正幸氏(一般社団法人秩父地域おもてなし観光公社事務局長)
講義2 「秩父ウィスキー祭の取組み」横田武志氏(BAR Te・Airigh Sunny Place代表、秩父ウィスキー祭実行委員長)
講義3 「秩父固有『太白いも』を活用したお菓子作りと海外販路開拓」中村雅夫氏(秩父中村屋代表取締役社長)
フィールドワーク(番場通り、買継商通りなど市街地エリア散策)
☆交流会

2日目(8月26日) 

集合:秩父市歴史文化伝承館
フィールドワーク (秩父蒸留所、兎田ワイナリー視察)
昼食(釜の上農園)
講義 「伐らない林業と秩父産メープル・第3のみつのブランディング」井原愛子氏(TAP&SAP代表)メープルベース視察
まとめ(グループワーク等)、閉講式
16:30解散予定(秩父市歴史文化伝承館)

※内容は変更となる場合があります。

※荒天によりカリキュラムを変更する場合もありますのでご了承願います。

※宿泊は各自手配となります。「西武秩父駅」「秩父駅」近くの宿泊施設がおすすめです。

※駐車場はご用意しておりませんので、公共交通機関でお越しください。

負担額について

ご負担いただく金額は、10,000円(個人賛助会費※地方創生実践塾地方版L会員)です。

連絡なしの不参加や当日キャンセル等の場合は返金できかねますので、ご注意ください。

※開催地までの往復交通費、宿泊費、飲食代等は別途ご負担となります。

参加申し込みについて

・下記参加申込フォームへの入力

・以下のチラシ裏面の、参加申込書に記入しE-mail:chiiki@jcrd.jpまたはFAX(03-5202-0755)にてお申込みください。

チラシ

第4回地方創生実践塾(秩父市)【速報版】.pdf

個人賛助会員について

賛助会員についてはこちら(PDF:430KB)を参照してください。

第4回地方創生実践塾in埼玉県秩父市申込フォーム

性別必須

入力例:1975年10月1日

入力例:123-4567

お勤め先の名称(会社名等)を記入してください。

お勤め先の所属(課名など)を記入してください。

お勤め先の役職を記入してください。

入力例:0312345678

入力例:0312345678

入力例:foo@example.com


1日目交流会の出欠必須

交流会の出欠を選択してください。会費として4,000円程度ご負担いただきます。※会費は受付時に頂戴いたします。

2日目昼食の要否必須

2日目昼食の有無を選択してください。1,500円程度ご負担いただきます。

請求書の要否必須

請求書の要否を選択してください。

請求書が必要な方は、こちらに宛名を記入してください。

このセミナーをどこで知りましたか?

連絡先

地域創生課
TEL:03-5202-6136  E-mail:chiiki@jcrd.jp