【募集終了】令和2年度地方創生実践塾 in 群馬県みなかみ町

地方創生実践塾

2020年06月26日

自然を活かした持続可能な体験型観光

head.jpg

 群馬県みなかみ町は、毎年300万人を超える観光入込客と約14,000人の体験旅行を受け入れてきました。これらは、町ぐるみで進めてきた「地域全体の観光ブランディング」や「ターゲット層に合わせた巧みな集客活動」によるものです。
 本講座では、みなかみ町が推進する多くの人々を惹きつける「自然を活かした持続可能な体験型観光」を実現した考え方や戦略について、町参与でもある長野県立大学の田村教授に解説いただきます。また、先進的な取組を実現させた地元実践者の方々も講師にお迎えし、各事例に関する詳細な説明も行っていただきます。更に、現在大打撃を受けている観光産業において、コロナ渦を乗り越える「みなかみ町版新しい観光」についても学びを深めることをめざします。

概要

開催日

 2020年10月9日(金)~10月10日(土)  

会場

 道の駅 みなかみ水紀行館群馬県利根郡みなかみ町湯原1681−1)ほか

定員

 原則20名

対象

 地域づくりに関心のある方

 (公務員、NPO、任意団体、企業、学生等どなたでも大歓迎です)

スケジュール *1

10月9日(金)

13:00 ~17:20(12:00集合・会場へ移動、12:30受付開始)

◆開講式

◆講義①「自然を活かした持続可能な体験型観光」

  主任講師 田村 秀 氏(長野県立大学教授、みなかみ町参与)

◆講義②「みなかみユネスコエコパークについて」

  講師 みなかみ町エコパーク推進課

◆フィールドワーク①「水上温泉街」

  講師 渡辺 靖彦 氏(水上温泉リノベーションまちづくり事業実行委員長)

      ※現地にて渡辺氏による講義「水上温泉リノベーションまちづくり事業」もあります!

18:30 ~

交流会(会費制)*2

10月10日(土)

9:00 ~13:30(8:45集合・バス移動、13:40上毛高原駅にて解散)

◆フィールドワーク②「みなかみフルーツランド モギトーレ」

◆フィールドワーク③「道の駅たくみの里」

◆講義③「地域資源を活かした着地型旅行プログラム 」

  講師 福田 一樹 氏(みなかみ町体験旅行専務理事)

◆グループワーク(昼食*3をとりながら行います。)

◆まとめ・講評

◆閉講式

*1    都合によりスケジュールを変更する場合がございます。

*2・*3 9日(金)の交流会や10日(土)の昼食は、変更または中止する可能性もございますのでご承知おきください。

講師紹介

主任講師 田村 秀 氏 (長野県立大学 教授、みなかみ町 参与)

tamura.jpg


昭和37年生まれ。東京大学工学部都市工学科卒業。国際基督教大学博士(学術)。

旧自治省入省。岐阜県地方課、香川県企画調整課長、三重県財政課長、バーミンガム大学客員研究員、自治大学校教授を経て、平成25年より新潟大学法学部長。

平成27年より群馬県みなかみ町参与。

平成30年より現職。

専門分野は、行政学、地方自治、公共政策、食によるまちづくり。「地方都市の持続可能性」(筑摩書房)、『B級グルメが地方を救う』(集英社)など著書多数。

講師 渡辺 靖彦 氏(水上温泉リノベーションまちづくり事業 実行委員長)

watanabe.jpg

昭和55年群馬県みなかみ町生まれ、幼少期よりアルペンスキーで全国、世界を転戦。大学卒業後、アルビレックス新潟でプロスキー選手として活動をする。

引退後は以前より興味があった不動産業界へ転職。8年間三井住友トラスト不動産で不動産知識・業務を学び、平成27年にみなかみ町に戻り「雨ニモマケズ」を開業する。

その後、「水上温泉リノベーションまちづくり事業」で実行委員長を務め、まちづくり会社「アクトみなかみ」を設立。官民一体で有志とともにかつての温泉街の賑わいを取り戻すべく事業に取り組む。

特別講師 福田 一樹 氏(一般社団法人みなかみ町体験旅行 専務理事

fukuda.JPG

東京都出身。平成11年より旅行会社に勤務し、主に北海道や九州方面のパックツアーの企画を担当。グループ会社の新規事業展開により、群馬県みなかみ町の温泉旅館再建に着手、着地型旅行商品開発を同時に行うことで、旅館業績安定化を図った。

平成22年より、みなかみ町観光協会に入職し、みなかみ町役場観光課にて群馬県の観光キャンペーンを担当。

平成24年より旧みなかみ町教育旅行協議会事務局に所属し、教育旅行やグリーンツーリズムの企画営業を行う。平成26年4月、一般社団法人みなかみ町体験旅行を設立、マネジメントと企画営業を行っている。

『みなかみユネスコエコパーク』(みなかみ町総合戦略課エコパーク推進係)

みなかみ町全景.JPG

平成29年6月「自然と共生するみなかみの姿そのものが世界のモデルである」とユネスコから評価され「みなかみユネスコエコパーク」に認定。この理念を町の様々な施策に浸透させ、今ある自然をまもり、いかし、ひろめる取組の強化を図る。昨年には国のSDGs未来都市に選定。ユネスコエコパークとの相乗効果を図りつつ、豊かな生態系や生物多様性を守りながら、文化や経済・社会的にも持続可能な町の発展を目指す。

個人賛助会員について

地方創生実践塾の受講は、地域活性化センターの個人賛助会員に対するサービスの一環です。 参加にあたっては賛助会費をお支払いください。 ※開催地までの往復交通費、宿泊費、飲食費等は別途ご負担となります。 なお、地方創生実践塾の賛助会費にはL会員、LS会員の種別があります。
L会員 10,000円

各セミナー1回参加無料 ※追加参加の場合は、1回あたり10,000円をご負担ください。

LS会員(学生) 5,000円 各セミナー1回参加無料 ※追加参加の場合は、1回あたり5,000円をご負担ください。
賛助会員の詳細についてはこちらを参照してください。

参加申し込みについて【募集終了】

 ※参加申込フォームが表示されていない場合は、参加者の募集を終了しています。
次の参加申込フォームへの入力、 E-mail:chiiki@jcrd.jp、またはFAX(03-5202-0755)にてお申込みください。 開催日の3日前以降にキャンセルされた場合、賛助会費は返金できません。
万全の感染防止対策のもと実施します。なお、風邪の症状がある 方は、参加をご遠慮いただきます。

チラシ

【チラシ】地方創生実践塾 in 群馬県みなかみ町

連絡先

地域創生課
TEL:03-5202-6136  E-mail:chiiki@jcrd.jp