令和4年度【スタンダード型(平日半日型)】新たな知と方法を生む地方創生セミナー 地域が主役に!デジタル田園都市国家構想で変わるまちの未来

新たな知と方法を生む地方創生セミナー 募集中

2022年05月18日

HP画像.png

開催日時

 令和4年7月29日(金) 13:00~17:00

会  場

 ・一般財団法人地域活性化センター 大会議室 (東京都中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル13階

 ・オンライン  (指定のZoomミーティング)

定  員

 会場 20名程度

 オンライン 定員は設けない

対  象

・自治体職員(特に地域づくり・企画担当)

・ICT関連部署の職員

・まちづくりに興味がある方 等

その他(交流会について)

セミナー閉講後、講師及び受講生(任意 現地会場参加者のみ)による交流会開催予定。参加費1,000円(当日徴収)。

セミナー内容

 

 デジタル田園都市国家構想は、「新しい資本主義」実現に向けた成長戦略の重要な柱であり、地方の豊かさをそのままに、利便性と魅力を備えた新たな地方像を提示するものです。

 本構想は、産官学の連携の下、仕事・交通・教育・医療をはじめとする地方が抱える課題をデジタル実装を通じて解決し、誰一人取り残されず全ての人がデジタル化のメリットを享受できる心豊かな暮らしの実現を目指しています。

 地方は、地方の個性やニーズを積極的に生かしたデジタル実装を進め、実情に即した多様なサービスを展開することが期待されています。

 本セミナーでは、国が目指すデジタル田園都市国家構想の全体像だけでなく、地域の個性を活かしたデジタル化の課題、目指すべき方向性や広域連携により取り組んでいる事例を広く学ぶことが出来ます。

講師紹介 

内閣審議官(内閣府 地方創生推進事務局/内閣官房 デジタル田園都市国家構想実現会議事務局) 黒田 昌義 氏

黒田審議官顔写真.png1991(平成3 )年旧建設省入省

OECD(経済協力開発機構、パリ)、奈良県土木部都市計画課長、国土交通省都市・地域整備局、大臣官房、住宅局、道路局、内閣官房副長官秘書官、名古屋市住宅都市局長、内閣府防災担当総括参事官、国土交通省住宅局審議官等を経て、2021(令和3)年7月より現職。一橋大学国際・公共政策大学院客員教授。

日本総合研究所/内閣府地方創生推進アドバイザー/山水郷ディレクター 井上 岳一 氏 

井上講師顔写真.jpg1969年神奈川県藤沢市生まれ。林野庁、Cassina IXCを経て2003年から日本総合研究所。山水の恵みと人の知恵・技術を生かした多様で持続可能な地域社会をつくることをミッションに研究・実践活動に従事。

著書に『日本列島回復論』(新朝選書)、共著書に『MaaS』『Beyond MaaS』(共に日経BP)等。内閣府規制改革推進会議専門委員。南相馬市復興アドバイザー。観音寺市政策アドバイザー。東京藝術大学非常勤講師。

                                                            

                                   

岡山県英田郡西粟倉村 地方創生特任参事 上山 隆浩 氏

上山様顔写真.jpgのサムネイル画像

2009年より西粟倉村産業観光課長として「百年の森林構想」「環境モデル都市構想」を掲げ、西粟倉村内の地域資源を活かしながら地域活性化に取り組む。また、新たな地域経営モデルの構築に向けローカルベンチャー(地域を舞台として価値創造に挑戦する事業体)の発掘と育成に力を注ぐ。

2017年に地方創生推進班の設立とともに地方創生特任参事に就任、班による「生きるを楽しむ」というキャッチコピーの作成や「西粟倉むらまるごと研究所」をはじめとするシンボルプロジェクトの推進に取り組んでいる。2019年度SDGs未来都市(モデル事業都市)、2022年「脱炭素先行地域」に選定された。

スケジュール(予定)

※内容が変更となる場合もあります。変更があった際は、このページ等でお知らせいたします。

7月29日(金)

13:00~13:10

開講式

13:10~14:05

講義Ⅰ:デジタル田園都市国家構想とこれからの地方創生( 黒田 氏 ) 

14:05~15:00

講義Ⅱ:デジタル化の課題と目指すべき方向性( 井上 氏 )

15:00~15:40

講義Ⅲ:西粟倉村が目指すデジタルの活用について( 上山 氏 )

15:40~16:50

グループトーク、クロストーク、全体共有、講師講評、質疑応答

16:50~17:00

閉講式

※閉講式後、講師及び受講生(任意)の交流会開催予定です。交流会は、新型コロナ感染状況等により中止となる場合があります。

参加にあたって

このセミナーは、地域活性化センターの賛助会員に対するサービスの一つとして実施しています。受講にあたっては賛助会費をお支払いください。賛助会員には種別があり、それぞれサービス内容が異なります。なお、令和4年度からサブスクリプション型人材育成を新設しています。

詳細は下記をこちらをご覧ください。

賛助会員区分・会費一覧(R4.4.1)

サブスクリプション型人材育成について

セミナー欠席等による個人賛助会費の取扱いについて(R4.2.1).pdf

プレミアム会員

地方創生セミナーは無制限に参加可能

サブスクリプション動画配信サービスは20アカウント12カ月

プラチナ会員

地方創生セミナー(アドバンス、スタンダード)は10回参加※追加受講の場合は追加で費用が必要となります。

サブスクリプション動画配信サービスは5アカウント12カ月

シルバー会員

地方創生セミナー(アドバンス、スタンダード)は5回参加※追加受講の場合は追加で費用が必要となります。

サブスクリプション動画配信サービスは2アカウント12カ月

1回だけ受講を希望される場合

A会員(アドバンス型への参加):25,000円

B会員(スタンダード型への参加):15,000円

S会員(学生):5,000円

※プレミアム、プラチナ、シルバー会員は減免制度もあります。

※開催地までの往復交通費、宿泊費、交流会費、飲食代などは別途受講者負担となります。

申込みについて

・参加申込フォームへの入力、またはチラシ裏面記載受講申込書に記入し、E-mail:seminar@jcrd.jpまたはFAX(03-5202-0755)にてお申込みください。

・連絡なしの欠席及び開催日3営業日前から当日の欠席連絡の場合、申込代金の返金はできかねます。

※ご連絡があれば、同年度内開催のセミナーへ振替が可能です。

令和4年度【スタンダード型】地方創生セミナー(デジタル田園都市)

入力例:123-4567

お住まいの都道府県を記入してください。

お勤め先の名称(会社名等)を記入してください。

お勤め先の所属(課名等)を記入してください。

役職を記入してください。

入力例:0312345678(ハイフンは不要です)

※入力されたアドレスへは、当センターからの事務連絡のほか、各事業のご案内等に利用させていただく場合があります。

連絡先メールアドレスを記入してください。


※「当日の参加方法について」が「地域活性化センターで受講」の方のみ、セミナー閉講式後の交流会に参加可能です。

当日の参加方法について必須

交流会必須

請求書必須

領収書必須

このセミナーをどこで知りましたか。

プライバシーポリシー新しいウィンドウが開きます必須

連絡先

セミナー統括課
TEL:03-5202-6134  FAX:03-5202-0755  E-mail:seminar@jcrd.jp