令和4年度第1回プロばな(東京在住地方自治体職員研修交流事業)

東京在住地方自治体 職員研修交流事業(プロばな) 募集中

2022年05月11日

HPサムネ.png

第1回プロばな「『当たり前』をやめる~自律の力を育てる教育~」

 宿題、定期テスト、学級ごとの担任も廃止。「生徒の自立が第一、学校の当たり前を見直して、生徒自身を学びの当事者にする」という考えのもと、今回の講師である工藤勇一氏は2014年に東京の千代田区立麹町中学校の校長に就任以来、子どもの自律を重視した教育改革に取り組まれています。教育を受ける生徒には、「自ら判断し行動する自律の力が今まで以上に求められる」との認識のもと、生徒の徹底的な自己決定を促せるよう、学校での取組を変え、全国でも類を見ない改革を進められてきました。現在、宿題等の廃止にとどまらず、学校運営に生徒を参画させ意見を反映するなど、従来からの与える教育から脱却し、生徒の主体性と意思が生かされるような取り組みを行わています。

 今回のプロばなでは、自立性のある人材の育成に向け学校改革を行ってきた工藤氏の取組事例から、物事の本質を見極め固定観念にとらわれず改革を進める姿勢と、目的や目標に向かって自ら行動する自律性のある人材の育成について学びます。

開催日時

令和4年6月6日(月) 16:00~17:00

※講義終了後、参加者同士の交流を深めるため名刺交換会を予定しています。

定員

現地参加:40名

Zoom参加:定員はございません。

参加費

1,000円

対象

会場

公益財団法人都道府県会館 4階 401会議室 (東京都千代田区平河町2-6-3)

または「Zoom」指定ミーティングルーム

講師

工藤 勇一 氏 (横浜創英中学・高等学校 校長)

HP.jpeg

1984年より山形県飽海郡松山町(現・酒田市)で数 学の中学教諭を5年務めた後、東京都の教員採用試 験を受け直し、1989年に台東区の中学校に赴任。そ の後、東京都や目黒区の教育委員会、新宿区教育委 員会教育指導課長などを歴任。2020年4月からは 現職である横浜創英中学・高等学校校長に赴任。主な 著書に『学校の「当たり前」をやめた。-生徒も教師も 変わる!公立名門中学校長の改革ー』などがある。

※オンラインでご登壇いただきます。

詳細は下記チラシをご覧ください。

チラシ表.jpgチラシ裏.jpg

令和4年度第1回プロばな申込フォーム

入力例:123-4567

お住まいの都道府県を入力してください。

お勤め先の名称(会社名等)を記入してください。

お勤め先の所属(課名など)をご記入ください。

お勤め先の役職をご記入ください。

連絡先電話番号を記入ください。
ハイフン「‐」は不要です。
例)111‐2222‐3333の場合、11122223333

※入力されたアドレスへは、当センターからの事務連絡のほか、各事業のご案内等に利用させていただく場合があります。

連絡先メールアドレスを入力してください。


当日の参加方法について必須

支払い方法について必須

請求書について必須

領収書について必須

このセミナーをどこで知りましたか?必須

プライバシーポリシー新しいウィンドウが開きます必須

連絡先

セミナー統括課
TEL:03-5202-6134  FAX:03-5202-0755  E-mail:seminar@jcrd.jp