地域活性化センター事業紹介映像を制作しました

YouTube内の地域づくりTVで公開しています

地域おこし協力隊 日本を元気にする60人の挑戦

絶賛予約受付中!

Web会員専用サイトを開設しました

詳細は画像をクリックしてください

地域活性化センターfacebookページ

「地域づくりの現場なう!by地域活性化センター」

月刊「地域づくり」最新号

11月号「教育と地方創生」

自治体アンテナショップ支援事業

自治体アンテナショップ情報

 10

  

◆日時

  平成29年12月16日(土)13時~17時30分/ 平成29年12月17日(日)9時~12時15分(予定)

                                            ※1日目終了後(18時~19時30分)交流会を開催いたします。

 

◆場所

  東京八重洲ホール301会議室 (東京都中央区日本橋3-4-13 新第一ビル)

 

◆講師紹介

  金丸 弘美 氏(食環境ジャーナリスト・食総合プロデューサー)

 kanemaru  

 「食からの地域再生」「食育と味覚ワークショップ」「地域デザイン」をテーマに全国の地域活動のコーディネート、アドバイス事業、執筆活動などを行う。また各行政機関と連携した食からの地域創り、特産品のプロモーション、食育事業のアドバイザーとして活動。総務省地域力創造アドバイザー、内閣官房地域活性化応援隊地域活性化伝道師。明治大学農学部食料環境政策学科兼任講師、新潟経営大学特命教授、フェリス女学院大学国際交流学部非常勤講師ほか。著書に『田舎力 ヒト・物・カネが集まる5つの法則』(NHK生活人新書)、『美味しい田舎のつくりかた:地域の味が、人をつなぎ、小さな経済を耕す』(学芸出版社)など多数。

 

 松嶋 匡史 氏(株式会社瀬戸内ジャムズガーデン 代表取締役)

 matsushima

手作りジャム専門店「株式会社瀬戸内ジャムズガーデン」代表取締役。周防大島観光協会副会長も務める。
2001年10月に新婚旅行先のパリでジャム屋と出会い2003年11月個人事業として手作りジャム専門店を高齢化率日本一と言われた瀬戸内の島、周防大島(山口県)にて創業。
耕作放棄地を借り受けて自社農業部門を立上げ、現在はブルーベリー・あんず・金時いも・いちご等を生産。店舗では自家製ジャムを活用したスイーツが楽しめるカフェギャラリーを運営するなど、ジャム加工のみでなく、農業(一次産業)・加工業(二次産業)・サービス業(三次産業)をミックスした6次産業形態の事業を展開。地域を巻き込んだ6次産業化を実践している。2011年10月には農林水産省が選ぶ「6次産業先進事例」(全国で100件)の1つとして選ばれ、2013年2月には当時の農林水産大臣林芳正さまも視察にご来店。2014年3月経済産業省が選ぶ「がんばる中小企業300社」に選定。2014年11月フードアクション・ニッポン・アワード受賞。2015年11月6次産業化事例最優秀賞(農林水産大臣賞)受賞。2017年4月内閣府地域活性化伝道師に認定。

 

 寺本 英仁 氏(島根県邑南町役場 農林振興課 食と農の産業戦略室 係長)

 teramoto

 邑南町が目指す「A級グルメのまち」の仕掛人。町営イタリアンレストラン、食の学校、耕すシェフの研修制度等を手掛ける。平成28年9月26日NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演

 

◆当日スケジュール

1216日(土)

 12:3013:00受付
 13:00
13:10 開講式
 13:1014:10
  講義1「地域資源を生かし経済生む田舎力が次々生まれている」
    金丸 弘美 氏食総合プロデューサー・食環境ジャーナリスト)
 14:1015:10
  講義2「地域内連携によるハイブリッド6次産業化」
    松嶋 匡史 氏株式会社瀬戸内ジャムズガーデン 代表取締役)
 15:1015:30 <休憩・ジャム試食会
 15:3016:30
  講義3「楽しんでいる人に人は集まる!」
    寺本 英仁 (島根県邑南町役場 農林振興課)
 16:3017:30 質疑応答
 18:0019:30交流会(※会費制:3,000円程度を予定)


1217日(日)
   9:0010:00 鼎談「農と食による地域活性化
 10:1012:10 グループワーク・フィードバック
 12:1012:15 閉講式 

 

◆対象者

 自治体・民間企業職員、NPO等団体職員、地方議会議員、学生など(地域づくりに興味のある方はどなたでも可)

 

◆定員

 40名(先着順)

 

◆参加にあたって

このセミナーは、地域活性化センターの賛助会員に対するサービスの一つとして実施しています。 参加にあたっては賛助会費をお支払ください。 なお、賛助会員にはA会員、B会員、C会員、S会員の種別があり、それぞれサービス内容が異なります。 詳細はこちらをご覧ください。

◎各セミナー1回参加無料  一般(C会員): 25,000円 学生(S会員): 10,000円
◎各セミナー3回参加無料 B会員: 60,000円 ※追加参加の場合は1回あたり15,000円をご負担ください。
◎各セミナー6回参加無料  A会員: 90,000円 ※追加参加の場合は1回あたり15,000円をご負担ください。

※開催地までの往復交通費、宿泊費、交流会費、飲食代などは別途参加者負担となります。

 

◆申込方法

参加申込フォームへの入力にてお申込みください。
平成29年度土日集中セミナー参加申込フォーム

 

◆チラシ

 第10回土日集中セミナー 「農と食で地域を元気に」 チラシは以下をクリック!

 ● 広報用チラシ(確定版)

 

◆連絡先

 振興部 地域支援課 TEL:03-5202-6136      E-mail:chiiki@jcrd.jp【「@」は半角に置き換えてください】