令和2年度(2020年度)全国地域リーダー養成塾 塾生募集

募集期間

令和元年11月1日(金)~令和2年1月17日(金)

※応募書類は上記期間内に事務局必着

研修期間

令和2年4月中旬から令和3年2月上旬まで
(一般研修:7回、先駆的地域づくり現地調査:1回、ゼミナール特別研修:1回)

研修内容

  • 一般研修(講義、グループ演習、ゼミナール別調査研究など)
  • 先駆的地域づくり現地調査(全国各地の事例調査)
  • 開講後、主任講師による少人数のゼミナールに所属し、各自が地域のテーマを見つけ、調査研究に取り組み、「自ら考える力」を養います。

応募資格

全カリキュラムを通して受講できる見込みのある者で、以下の(1)~(4)のいずれかを満たす者とする。

(1)地方公共団体の職員で、所属団体の長の推薦のある者

(2)NPO等で地域づくり活動を行っている者で、市区町村長の推薦のある者

(3)農協、商工会、第三セクター等の職員で、市区町村長の推薦のある者

(4)地域活性化センターの職員等のうち地域づくり活動に取り組む熱意がある者で、理事長の推薦のある者

※地方公共団体または地域活性化センターの職員以外で応募を希望される方は、市区町村担当課にご相談ください。

応募書類

(1)応募申請書および応募者経歴書(様式は下記よりダウンロードできます)

(2)応募にあたってのチェックリスト

(3)小論文(1000字程度・書式自由)
  テーマは次のいずれかを選択してください。

    I「わが地域の活性化を考える」

   II「地域づくりの経験から考えること」

※手書きの場合は400字詰め原稿用紙を使用。ワープロの場合はA4判縦で横書き(1ページ40字×20行)
※冒頭に①テーマ、②所属団体・役職名、③氏名を記入すること。

応募方法

参加希望者は、各市区町村担当課(都道府県職員の場合は都道府県担当課)の指定する日までに担当課へ応募書類を提出してください。
各担当課は、令和2年1月17日(金)必着で地域活性化センター地域リーダー養成課へ応募書類を提出してください。

募集人数

40名

塾生の決定

応募書類をもとに塾生を選考し、令和2年2月末までに各市区町村担当課(都道府県職員の場合は都道府県担当課)へお知らせします。

経費について

(1)本研修の受講料及び教材費は無料です。また、研修中の移動費は地域活性化センターで負担します。
(2)研修地(東京・合宿研修先・現地調査先・先駆的地域づくり現地調査先)までの往復旅費、研修中の宿泊費(※)及び食事代は自己負担または派遣元負担となります。

※第29期より、第3回合宿研修及び先駆的地域づくり現地調査中の宿泊費は自己負担または派遣元負担となっておりますのでご注意ください。

募集案内・応募申請書等様式

第32期募集案内

応募申請書(様式1)・応募者履歴書(様式2)

応募にあたってのチェックリスト(様式3)

連絡先

地域リーダー養成課
TEL:03-5202-6135  FAX:03-5202-0755  E-mail:leader@jcrd.jp